Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アート水泳:日本は金曜日に世界的なチームの無料入場を獲得します

ブダペスト(京都)-日本は、月曜日にブダペストで開催された世界選手権でのアーティスティックスイミング女子チームの無料入場決勝で銀メダルを獲得しました。

兄弟の佐藤朋香と佐藤陽太郎は、混合デュエット技術コンペティションで銀メダルを獲得しました。これは、このイベントでの日本の最高の結果です。

昨年夏の東京オリンピックでデビューした日本の10人の女性無料入場チームは93.5667ポイントを獲得し、世界チャンピオンのウクライナを初めて95,0333ポイント上回った。 イタリアは92.0333ポイントで銅メダルを獲得しました。





日本のチームは、2022年6月20日にハンガリーのブダペストで開催された第19回FINA世界水泳選手権でアーティスティックスイミングのフリーミックスの決勝戦に出場します。 (AP写真/ Anna Szilagyi)

定期的な「ホーンテッドハウス」ショーを初めて行う日本チームは、新しい外観で熱意と創造性を示しましたが、特にエレベーターには改善の余地があることを認めました。

東京オリンピックに出場したチームメンバーの柳沢茜は、「残念ながら、私たちがベストを尽くしたものに比べて、身長が少し低かった。

中島隆吾監督は、彼のチームはオリンピックの通常の欠点を取り除くことができると語った。

「彼らは改善を行うことができます」と彼は言いました。

日本の佐渡兄弟は86.5939ポイントを獲得し、イタリアのジョルジオミニチーニとルクレツィアルジオロは89.2685ポイントで勝利しました。 中国のShiHuiとZhangYiaoは86.4425ポイントで3位に終わった。





日本のチームは、2022年6月20日にハンガリーのブダペストで開催された第19回FINA世界水泳選手権でアーティスティックスイミングのフリーミックスの決勝戦に出場します。 (AP写真/ Anna Szilagyi)

ハイブリッドデュエット技術における日本のこれまでの最高の結果は銅メダルでした。 これは2つのアート水泳イベントの1つで、世界選手権で男性の競技者をフィーチャーした混合デュエットが無料です。

乾友紀子は水曜日の決勝に進んだ後、女子フリーシングルで金メダルを2倍にし、1回戦のスコアは94.5667になります。

31歳の犬井は、土曜日に女子ソロテクニカルイベントで優勝したとき、日本初のソロアート水泳で世界選手権の金メダルを獲得しました。

READ  入ってくる観光は重要であり、全体的な観光市場は2026年までに31億ドルに達すると予測されています。