Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

イエメン沖で英国所有の船がミサイル攻撃を受けた

イエメン沖で英国所有の船がミサイル攻撃を受けた

英国を拠点とする海洋安全保障団体は日曜、紅海を航行中の英国所有の船舶がミサイル攻撃を受けたと発表し、別の機関は同海域でドローンが活動した可能性があると報告した。

海事警備会社アンブリーは報道を引用し、バハマ船籍の無名船はイエメン西海岸沖約35海里を南に航行中に「ミサイル攻撃を受けた」と述べた。

英国に本拠を置く同社は、「影響を受けた船舶は海賊行為やミサイル攻撃に関連した救難信号を発信していた」と付け加えた。

同報告書は、「事件付近の国際海軍資産」が船の位置に向かっていた可能性が高いとの報道を指摘した。

英国海軍が運営する英国海事貿易業務局(UKMTO)機関は、「イエメン方向から発生した爆発の可能性を含む無人航空機システム(UAS)の活動に関する報告」を受け取ったと述べた。

この海域の船舶には「注意を払う」よう勧告された。

緊張が高まる

この事件は、先月イランが支援するフーシ派反政府勢力がイスラエル関連の貨物船ギャラクシー・リーダー号を拿捕し、紅海とその周辺海域で緊張が高まる中で起きた。

国防総省によると、数日以内にイエメンの反政府勢力フーシ派支配地域から弾道ミサイル2発が発射され、メイソンから約10海里の距離に着弾した。

10月7日にハマスの戦闘員が国境を越えてイスラエルになだれ込み、そのほとんどが民間人である1,200人が死亡、約240人が誘拐されて以来、フーシ派はイスラエルを標的とした一連のドローンとミサイル攻撃を開始している。

海難事故の急増を受け、G7外相らは今週初めの会合で反政府勢力に対し、国際海運への脅迫をやめ、ギャラクシー・リーダーを解放するよう要請した。

エンブリー氏は、今回の明らかな攻撃について、標的となった船は米国からシンガポールに向かう途中で、5日前にスエズ運河を通過していたと述べた。

さらに、「船はミサイル攻撃を受け、乗組員は城に撤退した」と付け加えた。

「今日、数隻の船舶が事故現場を通過したが、異常な操船は観察されなかった。」

エンブリー氏は、攻撃された船の所有者と管理者は、英国の主要企業名簿にイスラエル居住者として記載されている英国国民ダン・デイビッド・アンガー氏に関連していると述べた。

READ  ヨーロッパ洪水 - ライブ:ギリシャ、トルコ、ブルガリアで悪天候により13人死亡