Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

イエレン氏は中国訪問中に米国の労働者と企業の機会均等を呼び掛ける

イエレン氏は中国訪問中に米国の労働者と企業の機会均等を呼び掛ける

同国の主要な産業と輸出の中心地の一つである中国への5日間の訪問の開始に際し、同氏は困難が予想される中国との交渉中、過剰な産業能力と米国が不公平とみなす中国の貿易慣行を除去するつもりだと述べた。中国の高官ら。

同氏は広州で在中国米国商工会議所が主催したイベントで、米国と中国の間には「幅広い経済交流があり」、「議論の余地のないままにしておくべきだ」と述べた。 しかし彼女は、米国企業から「競争条件を平等にする中国の慣行」があると述べた。

「これには中国の過剰産業能力の問題も含まれており、米国や他の国々は世界に波及効果を引き起こす可能性を懸念している」と彼女は付け加えた。

知事との会談後、イエレン氏は広州白雲区にある大理石のコンベンションセンターのホールで全米商工会議所のイベントで米国のビジネスリーダーらと会談し、質問に応じた。

イエレン氏は金曜日午後、在中国米国商工会議所が主催したイベントで「多くの米国の実業家から、中国でビジネスを行うのは困難になり得ると聞いている」と述べた。

イエレン氏は、中国にある米国企業の3分の1が国内の競合他社と比較して不公平な扱いを受けていると回答していることが判明したという同商工会議所の最近の調査を引用し、米国は中国が「中国へのアクセスや入国に障壁を課すなど、不公平な経済慣行を追求している」とみていると述べた。外資系企業です。」 「アメリカ企業に対して強圧的な措置をとれ。」

同氏は講演で「これは米国企業に損害を与えるだけではないと強く信じている。不公正な慣行をなくすことは、ここのビジネス環境を改善することで中国に利益をもたらすだろう。私は今週の会合でこれらの問題を提起するつもりだ」と述べた。

同氏はその日の早い時間に、米国、欧州、日本の企業代表とも会い、懸念を聞いた。

広州は広東省の省都であり、通信大手ファーウェイと中国最大の電気自動車メーカーであるBYDの本拠地である中国の製造と輸出の中心地である。 ファーウェイは米国による中国への半導体輸出制限で大きな打撃を受けており、自給自足と技術リーダーになるべく中国の取り組みの先頭に立っている。

政府の補助金やその他の政治的支援により、中国の太陽光パネルメーカーや電気自動車メーカーは工場に投資し、国内市場が吸収できるよりもはるかに大きな生産能力を構築するようになった。

生産規模の巨大化によりコストが削減され、消費者や化石燃料への依存度を世界的に削減する取り組みに恩恵をもたらしているグリーン技術をめぐる価格競争が勃発した。 しかし西側諸国政府は、この能力が低価格の輸出品を市場に氾濫させ、米国や欧州の雇用を脅かすことになるのではないかと懸念している。

イエレン氏は次に北京に向かう予定だ。

コーネル大学商学部のエスワー・プラサド教授は、イエレン氏が中国政府に対し、国内消費を拡大し、特にグリーンエネルギーや電気自動車などの新技術分野での公正な競争を確保するとともに、米国企業の適切な市場アクセスを確保するよう働きかけると予想している。

同氏は、「中国が余剰生産能力を輸出し、同時にこれらの分野を大幅に推進しようとしているという懸念が、米国代表団の最大の懸念となるだろう」と述べた。

中国は米国と欧州双方が表明した過剰生産能力に対する懸念に応じた。

外務省の汪文斌報道官は今週初め、中国の電気自動車と太陽光エネルギーの輸出の伸びは世界のグリーン開発に貢献しており、国際分業と市場需要の結果であると述べた。

同氏は米国が中国への技術輸出を制限することで自由貿易を妨害していると非難した。

同氏は「市場以外の操作を誰が行っているかについては、誰もがそれを認識しているというのが真実だ」と述べた。 「米国は中国の貿易と技術を封じ込めるための措置を止めていない。これは『リスク回避』を意味するものではなく、リスクを生み出すものだ。」

イエレン氏は全米商工会議所のイベントで「過剰生産能力は先進国から発展途上国まで、多くの国に共通の懸念であり、新しいことではない」と述べた。

「これは反中政策ではない」と彼女は言った。 「これは、中国が政策を調整しない場合に起こる避けられない世界経済の混乱によるリスクを軽減するための我々の努力である。」

「中国政府と中国政府の対応について私たちが持つべき期待には限界がある。中国政府と中国政府の対応について私たちが持つべき期待は限られているが、中国政府とその対応について私たちが持つべき期待は限られている」反応してくれるだろう。」 イエレン氏が期待し、言うべきことの一つは、中国の過剰な工業生産能力が我が国の経済的、国家安全保障上の利益に悪影響を与えないよう、米国は政策を通じて自由に使えるあらゆるツールを活用する用意があるということだ。

連合は2月に報告書を発表し、安価な中国製車の米国市場への導入は「米国の自動車セクターにとって最終的には絶滅レベルの出来事になる可能性がある」と述べた。 報告書によると、米国の自動車セクターは米国GDPの3%を占める。

イエレン議長は水曜日、アジアに向かう途中アラスカでの給油立ち寄り中に記者団に対し、中国による多額の補助金を受けているグリーンエネルギー製品の製造に対抗するため、米国は関税を「排除するつもりはない」と述べた。

___

森次氏は北京から寄稿した。

READ  なぜ大投資家は30年以上経っても日本の株式市場に夢中になったのか | 経済とビジネス