Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

イエローブリックデータは、エヌアイデイとの提携により日本市場に進出

データウェアハウジング向けの分散データクラウドインフラストラクチャプロバイダーであるYellowbrickDataは、日本情報通信株式会社(NI + C)と戦略的パートナーシップを結んでおり、Yellowbrickのグローバルな拡張戦略を推進して、プライベートおよびパブリックの展開全体で、または日本市場におけるミッションクリティカルなアプリケーションのエッジ。

事業開発およびパートナーアライアンスのバイスプレジデントであるアレンホームズは、次のように述べています。通信プロバイダーとしてのNI + Cのうらやましい評判。「地元企業のニーズを満たし、日本の組織がデータの価値を完全に実現するのを支援する強力な組み合わせ。」

ベンダーによると、Yellowbrickの分散データクラウドアーキテクチャは、復元力のあるオンデマンドクラウドを提供し、集中リスクを排除し、ベンダーのロックアウトの予期しないリスクを軽減します。

Yellowbrickは、従来のオンプレミスと最新のクラウドベースのエコシステムの両方とのオープンソース標準の互換性を採用し、データストレージを処理から分離して展開オプションを増やすことでこれを実現しています。

ベンダーによると、日本の電気通信、運輸、銀行業界にサービスを提供するNI + Cのような企業は、重要なビジネス成果を高め、データ共有と冗長性を促進し、マルチテナント課金の柔軟性を最大化するために、Yellowbrick DataWarehouseに大きく依存しています。

NI + Cの価値統合本部のCEO兼ゼネラルマネージャーである内藤武は、次のように述べています。 「多くの企業がよりデータ駆動型になることを目指しているため、真のハイブリッドDWHであるYellowbrickプラットフォームは、オンプレミスとクラウドの両方の要件を満たすことができる優れたテクノロジーです。この10年間で、より多くのニーズを満たすことができると期待しています。両社のエンジニア間のコラボレーションと、業界およびビジネスに関する深い知識と経験を組み合わせることで。」

このニュースの詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 www.yellowbrick.com

READ  3GWグリーン水素プロジェクトで日本のプレーヤーとオーストラリアの発電機チーム-pvオーストラリア