Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

イギリスの少女は頭痛の本当の原因である脳腫瘍を発見するまでに30回も誤診された

イギリスの少女は頭痛の本当の原因である脳腫瘍を発見するまでに30回も誤診された

少女は10時間以上に及ぶ手術を受け、腺腫が切除された。

頭痛を抱える 11 歳の少女は、脳腫瘍と診断されるまで、3 年間にわたって医師による診察を 30 回受けました。 による 独立したノーサンプトン出身のティア・ゴードンさんは、2020年3月の新型コロナウイルスによるロックダウン中に初めて発病した。彼女は数か月ごと、その後は毎月、そしてさらに頻繁に発病した。 それ以来、ティアさんは2023年11月から2024年1月まで、ほとんどの朝に気分が悪くなり、毎日嘔吐しました。

医師たちは何度も彼女の腫瘍を発見できず、代わりに両親に彼女が片頭痛と胃の問題に苦しんでいると告げた。 彼女が首のこりなどの新たな症状を発症した後、医師らは彼女の睡眠方法が原因であると主張し、彼女を理学療法士に紹介した。

しかし、彼女の状態がバランスと歩行能力に影響を及ぼし始めたとき、彼女は入院しました。 彼女は緊急検査を受けた結果、3.5cmの脳腫瘍、毛様細胞性星状細胞腫(小児脳腫瘍の中で最も一般的なタイプ)を患っていることが判明した。 少女は10時間以上に及ぶ手術を受け、腺腫が切除された。

薬局で働く母親のイモージェン・ダービーさんによると、ティアさんは腫瘍が発見されるまでに眼鏡の処方箋を4回も変更したという。

ダービーさんは「ティアは胃の問題と片頭痛を患っていると言われた。最初に言われたのは、夏だったのでもっと水を飲む必要があるということだった。おそらく1年後、彼女は片頭痛と診断された」と語った。そのためにパラセタモールが投与され、そのための別の薬も投与されました。そして、(今年の)1月に小児科から最終診断されたのは片頭痛でした。

「3年以上にわたり、ティアは医者に連れて行かれ、MRI検査も拒否し、小児救急外来の受診も拒否し、111に通報し、ERに行き、眼鏡を4回交換し、薬を処方されました。 「彼女にはコンサルタントがいましたが、歩くことができなくなってから必要なケアを受けることができました。」

手術後、少女は読書やドッジボールなどの日常生活に戻りたいと願っています。 しかし、今後5年間は3か月ごとにMRI検査を受け、理学療法を受けるほか、神経内科医との定期的な面談も受ける予定だ。

英国がん研究によると英国では毎年約 175 人の子供が星状細胞腫と診断されています。

脳腫瘍慈善団体の対外戦略担当ディレクター、キャメロン・ミラー氏は次のように述べた。「私たちはティアの治療がうまくいくことを祈り、彼女の話を共有してくれたイモージェンに感謝します。悲しいことに、これは多くの脳にとってあまりにも頻繁に聞かれることです。腫瘍患者は診断されるまでに非常に長い時間がかかります。これが私たちが国家的な脳腫瘍戦略を求める理由の 1 つです。

READ  100年に一度の嵐が巨大ガス惑星に対する私たちの理解を揺るがす