Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

イギリス人はマクロンの強制予防接種を批判し、「あなたの体、あなたの選択!」を要求しました。 | イギリス| ニュース

フランスのエマニュエルマクロン大統領は、医療従事者、公共交通機関を利用している人、または国内のレストラン、バー、クラブに行きたい人には、9月からCovidワクチンが義務付けられると発表しました。 Express.co.ukの読者に、Borisが同じスタンスを取るべきかどうか尋ねました。 7月13日の午後2時34分から7月14日の午後12時39分までに実施された2,929人の読者の調査では、回答者の63%の過半数が、ボリスは強制予防接種を実施すべきではないと述べ、38%は実施すべきであり、1%は実施すべきではないと述べました。彼らは彼がすべきかどうかを知っています。

一部の読者は、ワクチン接種を課すことは彼らの人権の侵害であると感じたとコメントしましたが、他の読者は、英国市民の大多数が彼を自由意志から連れ去ったので、ボリスにワクチン接種を義務付ける必要はなかったと述べました。

ある人は、「あなたがあなたの体に何を入れるか、あなたの体、あなたの選択を選ぶことは基本的な人権です。

「世界のどこの政府、雇用主、個人も、この不可欠な人間をあなたから奪うことはできません。

「個人に薬物の服用を強制したり、人間による治験を強制したりすることは非常に違法です。」

別の読者は、強制予防接種は「完全に不要」であると考え、「英国の5,600万人の成人のうち4,600万人以上がすでに必要なことを進んで行っており、これらの数は毎日数十万人増加しています。

「私たちは、フランス人に対する個人的および社会的責任に対して異なる態度をとっています。

「イギリス人であることを誇りに思います。」

フランスの人口の40%未満が刺され、最初のワクチン接種を受けたのは約半分であるため、デルタ国家変数が一掃されることで、マクロンはワクチン接種に対してより権威主義的なアプローチを取りました。

続きを読む: 「実行不可能な」コビッドワクチン計画によって引き裂かれた「哀れな」マクロン

これは、英国によるワクチンの取り込みがはるかに多いこととは対照的であり、70%未満の人々が最初のワクチンを接種し、51%以上が2回目の接種も受けています。

YouGovは2021年1月に調査を実施し、24か国からの参加者にCovidワクチン接種を義務付けるべきかどうかを尋ねたところ、フランス人のわずか19%に対して、英国人の40%が義務付けるべきであることがわかりました。

調査によると、タイと英国の人々はコロナウイルスワクチンを接種すると言う可能性が最も高く、フランスの参加者のわずか39%に対して、英国の参加者の80%が接種すると答えています。

YouGovが調査した24か国の中で、フランスは「アンチファックス」態度の割合が最も高い国です。 しかし、フランス人がCovidワクチンを拒否した最も一般的な理由は、それが安全かどうかを確認するのを待つことです。

READ  カマラ・ハリスは、初めての海外旅行で移民のため、バプテスマを受ける | カマラ・ハリス