Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

イギリス初の日本人駅伝がオックスフォードからスタート

イギリス初の日本人駅伝がオックスフォードからスタート

写真にコメントして、 18チームがレースを完了するには最大12時間かかると予想されている

  • 著者、 ガリヤ・ディミトロワ
  • 役割、 BBCのニュース

日本の人気駅伝レースである駅伝の第1回大会がイギリスで始まりました。

大会はテムズ川に沿ってオックスフォードからウィンザーまでの76マイル(122キロ)のルートをたどります。

3 つのグループのランナーのうちの最初のグループは、オックスフォードをグリニッジ標準時 08:00 に出発し、レースを完走するまでに最大 12 時間かかると予想されています。

180人のランナーが18チームを結成し、オックスフォード大学のチームも含まれており、杖ではなく日本の伝統的なたすきをかけて競い合う。

写真にコメントして、 出場者は、英国と日本の関係のさまざまな側面を反映する企業、大学、団体を代表しています。

駅伝という言葉の意味の 1 つは「伝える、知らせる」という意味であり、その伝統は、ランナーがあらかじめ決められたルートに沿って駅間でメッセージや重要な物資を運んだ時代に起源を持ちます。

英国駅伝創設者のアンナ・ディングリー氏は、このスカーフには「すべてのチームの希望と夢が込められている」と述べた。

彼女は、日本で最も有名なレースである箱根駅伝は2024年1月に第100回大会を迎えるが、このことが主催者らに非常に「感銘」を与え、それを英国で開催する理由として利用することを決めたと付け加えた。

写真にコメントして、 ランナーのジェス・レイデンとサラ・ロドリゲスはベストを尽くすことに「興奮している」と語った

ランナーのジェス・レイデンとサラ・ロドリゲスは、第1レグを走ることに「興奮している」と語った。

レイデンさんは「最終的には全く同じにならないかもしれないが、最善を尽くすつもりだ」と語った。

ロドリゲスさんは、川沿いの「21キロメートルの美しい平地」だったと付け加えた。

写真にコメントして、 日本からの参加者の一人は「ランナー全員がチームメンバーのために全力を尽くしてほしい」と語った。

参加チームには、英国と日本の関係のさまざまな側面を反映する企業、大学、団体の競合チームが含まれます。

レースの精神として、「すべてのランナーはチームメンバーのために最善を尽くすべきです」と、英国での駅伝レースを走るために日本から来たあるランナーは言いました。

ルートはアビンドンやメイデンヘッドなどの町を通過し、英国王室の本拠地であるウィンザー城近くで終了する。

日本の天皇がオックスフォードで学び、「テムズ川と私」という本を書き、英国の水路を研究したことから、これは特に適切である。

レースのスポンサーであるフィナンシャル・タイムズ紙のジョン・リーディング最高経営責任者(CEO)は、このイベントを「私たちの国と文化の間の絆を強化する素晴らしい機会」と述べた。

コミュニティ・インタレスト・カンパニーであるUK Ekidenは、レース収益の一部を英国のスポーツ慈善団体と能登半島の復興活動を支援するために使用します。

BBC サウスをフォローしてください フェイスブックバツ、 または インスタグラム。 ストーリーのアイデアは、[email protected] または WhatsApp (0808 100 2240) に送信してください。

この話の詳細

READ  SoFiが提供するTGLが、オーストラリア、日本、韓国の最初の3つの国際メディアパートナーを発表