Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

イザベラ・ボルトンさん、日本の雪崩で死亡した21歳のキウイを思い出す

イザベラ・ボルトンさん、日本の雪崩で死亡した21歳のキウイを思い出す

21歳のイザベラ・ボルトンさんが日本でスキー中に雪崩で死亡した。
写真: 提供された

日本の雪崩で死亡したニュージーランド人男性の遺族は、男性は活力と生きる力に満ちていたと語った。

ニュージーランド人2人が日本でスキー中に死亡したと当局が確認した。

イザベラ・ボルトンさんの家族は声明で、死者の中には彼女も含まれていたと述べた。

「3月11日月曜日、日本の北海道で起きた雪崩事故で、私たちの最愛のイザベラ・ボルトンさん(21歳)が亡くなったことを残念に思います。」

ボルトンはイギリスで生まれましたが、ダイアモンドハーバーとヒースコートバレーで育ちました。 彼女はクライストチャーチのランギ・ルル女子高等学校に通っていました。

ボルトンさんは、それまでカナダのデカポとワナカのスキーリゾートで働いており、11月からニセコでスキーガイドとして働いていた。

家族は「イザベラは活力と人生への熱意に満ちていた」と語った。

彼らは、彼女が「冒険心とスキーとアウトドアへの愛情」を持っていたと述べた。

「私たち家族は、彼女の同僚や友人の家族や友人に深い哀悼の意を表したいと思います。また、地元当局とイザベラを救おうとした人々に感謝の意を表します。」

彼らは悲しむためにプライバシーを求めました。

関係者によると、もう一人のニュージーランド人選手は30代だという。

北海道を雪崩が襲ったとき、彼とボルトン氏は6人組のバックカントリースキーグループに参加していた。

ジャパンタイムズ 夫婦は病院に運ばれたが、その後死亡が確認された。

ニュージーランドからの3人目も負傷した。

ニュージーランド大使館は男性と話をし、死者の家族に領事館の支援を提供している。

外務貿易省によると、雪崩の後、日本の警察はニュージーランド人2人の死亡を確認した。

雪崩は月曜日の現地時間午前10時ごろ、6人のメンバーのうち3人を襲った。 ジャパンタイムズ 報告。

報告書によると、事故は標高1900メートルの山の北側斜面、標高約650~700メートルの地点で発生した。

羊蹄山は北海道にあり、スキーヤーやスノーボーダーに人気の場所です。

READ  日本の反延期ホテルでのコーヒー、紅茶、中毒