Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

イスラエル、戦時中の日本の万国博覧会で控えめな展示を確認

イスラエル、戦時中の日本の万国博覧会で控えめな展示を確認

イスラエルは熟慮の末、5年に一度開催される権威ある国際博覧会2025年大阪万博への参加を決定した。 しかし、イスラエルが7,000万シェケルをかけて壮大なパビリオンを建設し、何百万人もの来場者を集め、万博史上最も成功した博覧会の一つとみなされていた2020年ドバイ万博とは対照的に、今回はイスラエルは控えめなパビリオンに甘んじるだろう。パビリオンの費用は10です。 Ynet は、数百万シェケルのコストを節約する方法を学びました。

ギラッド・コーエン駐日イスラエル大使は金曜日、日本の博覧会ハナコ・ジミ大臣に書簡を送り、イスラエルの正式決定を伝えた。

1 ギャラリーを見る

イリド・イスラエル・アクスポ・デトゥバイ 2020

ドバイエキスポ2020のイスラエルパビリオン

(写真:アリ・ハイダー、EPA)

この決定はイスラエル・カッツ外相、ツァチ・ハネクビ国家安全保障問題担当補佐官、ヨッシ・シェリー首相府局長によって下された。 首相官邸と外務省は、時間の制約から他省庁の予算をプールするのではなく、予算を相互に配分するという課題に取り組んだ。

政府は10月11日の閣議でイスラエルの参加を承認する必要がある。 しかし、戦争の勃発により、批准に向けたすべてのプロセスは停止されました。

日本政府は、イスラエルにとって1月25日が最終的かつ絶対的な期限であると何度か発表してきた。 結局、期限は3月31日まで延長された。

万博は世界各国の成果を披露するショーケースであり、「新興国・ハイテク国家」として知られるイスラエルにとっても見逃せない。

2月末にイスラエルを訪問したスジ・京都外務大臣は、カッツ氏とハネクビ氏と会談し、イスラエルに参加を要請したと伝えられている。 注目すべきは、日本がウクライナ侵攻を受けてロシアの見本市への参加を禁止したが、イスラエルの参加を求めたことである。

7,400万シェケルを投資した大規模(タイプA)パビリオンの当初計画は、戦争中期の予算制約により断念された。 その結果、パレスチナ人や発展途上国を含む80カ国と共有する敷地内に860平方フィートのカテゴリーCパビリオンを選択することが決定され、そのうちの一部には日本が資金提供している。 タイプAパビリオンの建設を許可されている国は57か国のみです。

カッツ大臣は、「特に現在、凶悪なテロ組織との正義の戦いにおいて、イスラエル国が日本で行われるこの重要な行事に参加することは非常に重要である。我々は胸を張って多くの成果と貢献を披露していきたい」と述べた。 「イスラエル国家を様々な分野で世界に発信する。我々の参加はイスラエルのためでもある。国際社会間の友好と協力の絆をさらに強化することになるだろう」

コーエン大使は「私たちの努力が実を結び、イスラエルへの輸出、イノベーション、投資を促進する世界で最も重要な展示会にイスラエルが代表として参加することを嬉しく思う」と述べた。

READ  日本では、硫黄のような悪臭のために20人の子供が入院しました