Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

イスラエルとガザの間の人質 – 最新:ハマス、停戦延長に伴い新たな人質11人中9人の子供を解放

イスラエルとガザの間の人質 – 最新:ハマス、停戦延長に伴い新たな人質11人中9人の子供を解放

音楽祭から誘拐された21歳の人質が解放後に家族と再会した瞬間

イスラエル領土に向かう途中でハマスによって解放されたイスラエル人人質11人のうち、9人の子供が含まれている。

残った人質のうち49人はニル・オズ出身者だ。

このリストには、女性、男性、子供、母親、父親、祖父、祖母が含まれます。

キブツ所長のオスナット・ペリー氏は、「今夜発表されたニュースは私たちのコミュニティにとって安堵だが、今も人質に取られている愛する人たちのことを深く懸念している」と述べ、「私たちは人質全員の即時返還を要求する。コストは重要だ。」

これは、その日の終わりに期限が切れる予定だったイスラエルとハマスの一時停戦を2日間延長することが「合意」された時期に行われたとカタール外務省は発表し、一方でイスラエル人人質の暫定リストは公表された。イスラエルで策定された。 彼らは被害を受けた家族に解放された。

ハマスは「前回の平穏と同じ条件下で」停戦がさらに2日間継続されることを確認した。 イスラエルはまだコメントしていない。

カタール外務省の公式報道官、マジド・アルアンサリ博士の声明は次のように述べた。「カタール国は、進行中の調停の枠組みの中で、人道的平静をさらに延長する合意に達したことを発表する」ガザ地区での2日間です。」 」。

独立者 今日誰を交換するかについて意見の相違があったことは理解しているが、交渉は現在終わりに近づいている。

1701102815

カタール、イスラエルとハマスの一時停戦を2日間延長すると発表

カタールはイスラエルとハマスの一時停戦を2日間延長することで合意したと発表した。

外務省報道官は声明で「カタール国は、進行中の調停の枠組みの中で、ガザ地区の人道的平静をさらに2日間延長する合意に達したことを発表する」と述べた。

ハマスはこの合意を確認したが、イスラエルはまだコメントしていない。

この延長により、数十人のイスラエル人人質とパレスチナ人捕虜の解放が促進されると考えられている。

トム・ワトリング2023年11月27日 16:33

1701130552

ICYMI: 4歳のアメリカ人はどのようにしてハマスから解放されたのか

ジョー・バイデン大統領は、先月両親をテロリストに殺害された米国籍の4歳女児が日曜、人質協定の一環としてガザ地区内から解放されたことを受け、ハマスの「想像を絶する」行動を非難した。

この4日間の休戦は現在、イスラエル軍が数週間にわたってガザ地区を爆撃している北部ガザ地区で進行中である。 先月、イスラエル南部で約1,200人が死亡した衝撃的で血なまぐさい攻撃を受けて、ハマス過激派はパレスチナ領土内で数十人の人質を取り続けている。

イスラエルは日曜日、赤十字の後援の下、武装勢力によって解放された人質の中に4歳のアビゲイル・イダン君が含まれていることを確認した。 彼女の即時の状態は不明だった。

バイデン氏は日曜、ナンタケット島の米国人に向けて「彼女が故郷に戻ってきたことを神に感謝する」とアビゲイルについて語った。 「あなたが耐えてきたことは想像を絶するものです。」

詳細は全文で ジョン・ボーデン

ジョシュ・マーカス2023年11月28日 00:15

1701128496

イスラエル人人質3人は解放されたが、父親はガザに残る

月曜日にはさらに11人の人質が解放され、イスラエル全土で再会があった。

今日ハマスの捕虜から解放された人々の中には、シャロン・アロニ・クニオさん(34歳)と双子の娘、ユリさんとエマさん(3歳)もいる。

家族は10月7日にハマスの過激派が国境地帯のコミュニティを攻撃した際、キブツ・ニル・オズから誘拐された。

ジョシュ・マーカス2023年11月27日 23:41

1701126928

慈善団体、ガザの人道停戦の2日間延長だけでは十分ではないと主張

慈善団体は、ガザ地区の人道停戦を2日間延長するだけでは住民のニーズを満たすには不十分だとし、即時停戦を求めた。

カタール政府は月曜日、イスラエルとハマスが「人道停戦をさらに2日間延長」することで合意したと発表した。

この協定は停戦期間が続く限り毎日より多くの交流を可能にすることを目的としており、イスラエルの刑務所にいるさらに多くのイスラエル人人質とパレスチナ人捕虜が解放されることが予想されている。

記事全文はこちらからお読みください

ジョシュ・マーカス2023年11月27日 23:15

1701126243

写真は最新の人質解放で解放された人々を示している

継続中の停戦合意の一環として、月曜日にはさらに多くの人質がハマスの捕虜から解放された。

以下は、10月7日の攻撃で捕らえられた人々の解放を求めている擁護団体「人質・行方不明家族フォーラム」の厚意により、解放された人々の一部の写真だ。

解放される最新のイスラエル人人質の完全なリストについては、これを参照してください。 つぶやき 首相官邸より。

ヤギル・ヤーコフ(12歳)とオル・ヤーコフ(16歳)の兄弟。

(AP通信)

左からカリーナ・エンゲル・バートさん、そしてその子供たちミカさん(18歳)とユヴァル・エンゲルさん(11歳)

(AP通信)

(AP通信)

(AP通信)

シャロン・アロニ・クネオさん(中央)と双子の娘エマとヨリーさん(3歳)

(AP通信)

(AP通信)

ジョシュ・マーカス2023年11月27日 23:04

1701125152

解放されたばかりのイスラエル人人質は誰ですか?

当局者らは、継続中の停戦の一環として月曜日にハマスの捕虜から解放されたイスラエル人11人の名前を明らかにした。

釈放された人のほとんどは子供たちだ。

イスラエル首相府によると、彼らの名前は以下の通り。

ジョシュ・マーカス2023年11月27日 22:45

1701124296

動画: ハマスの人質が国境を越えてイスラエルに入ろうとする11番目の瞬間

10月7日にイスラエルから拉致された人質は、一時停戦合意の一環として解放され続けている。

最新の捕虜グループの一部が帰還する様子を以下でご覧ください。

瞬間 11 ハマスの人質が国境を越えてイスラエルに入っているようだ

ジョシュ・マーカス2023年11月27日 22:31

1701122428

解放された人質の家族は、彼はハマスの捕虜から逃走したが、数日後に再び逮捕されたと述べている。

同じくロシア国籍のロニー・クリヴォイさん(25)も、空爆で収容されていた建物から脱出した後、叔母によるとガザで4日間一人で過ごしたという。 彼は国境に行く道を見つけることができなかったため、最終的にハマスに奪還された。

クリヴォイさんは10月7日、スーパーノヴァ音楽祭から誘拐された。 釈放の翌日、エレーナ・マジッドさんはイスラエルのラジオで、「テロリストが彼を誘拐し、ある建物の中に閉じ込めた…爆撃のせいで建物が倒壊し、彼はなんとか外に出て逃げたと理解している。これは映画だ。これ全部。」

Tom Watling の記事全文はこちらからお読みください

ホリー・エヴァンス2023年11月27日22:00

1701121066

ハマスが釈放した捕虜の中には3歳の双子もいる

イスラエルのネットワークで共有されたビデオ映像には、月曜日に子どものサハルさん(16歳)とエレズさん(12歳)が解放グループに含まれていることを知らされたハダス・カルデロンさんが喜びの叫び声を上げ、椅子に飛び乗る様子が映っていた。

父親のオフェルさんは今も監禁されており、祖母のカルメラさんは10月7日に殺害された。 リストには、月曜日に釈放された最年少でまだ3歳の双子の娘エマとヨリも含まれている。

母親のシャロン・アローン・コニオンさん(34)も一緒に釈放された。 彼らの夫のデビッドと彼の兄弟のアリエルは今も捕らわれの身です。 兄弟のオル・ヤコフ君(16歳)とヨギ君(12歳)は解放されたが、父親のヤイール君は依然として監禁されている。

最近乳がんから回復したカリーナ・エンゲルバートさん(54歳)は、子供たちのミカさん(18歳)とユヴァルさん(11歳)とともに釈放されたが、父親のロネンさんは依然としてハマスの捕虜となっている。 エイタン・ヤハロミさん(12)は単独で解放され、一緒に誘拐された父親のオハドさんはガザに残っている。

キブツの責任者オスナット・ペリ氏は、今もガザに残っている人質の中にはキブツ・ニル・オズ出身者が49人いると述べた。 彼らには、女性、男性、子供、母親、父親、祖父、祖母が含まれます。

3歳の双子のエマとヨリは、10月7日に誘拐された人質の中で最年少の一人だった。

(ロイター通信より)

ビル・トゥルー 2023年11月27日 21:37

1701120651

アメリカ人のアンソニー・ブリンケン氏は今週イスラエルとヨルダン川西岸を訪問する予定だ

アントニー・ブリンケン米国務長官は今週後半にイスラエル、ヨルダン川西岸、アラブ首長国連邦を訪問し、ガザへの人道支援の強化を求め、ハマスに拉致された人質全員の解放確保を支援する予定であると米国務省高官が月曜日に発表した。 。

米国務省高官は匿名を条件に、「長官はガザへの人道援助の増加を維持し、人質全員の解放を確保し、ガザの民間人の保護を改善する必要性を強調するだろう」と述べた。

同高官は、ブリンケン氏はまた、ガザの将来に関するワシントンの原則やパレスチナ独立国家樹立の必要性について、地域のパートナーらと話し合う予定だと述べた。 同当局者は、ドバイで開催される国連COP28気候変動サミットにも出席する予定であると付け加えた。

アンソニー・ブリンケン米国務長官は今週イスラエルを訪問する予定だ

(ロイター)

ホリー・エヴァンス2023年11月27日 21:30

READ  東京オリンピック:ベラルーシのランナー、クリスティーナ・チマノスカヤが亡命を求めてワルシャワに到着| 世界のニュース