Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

イスラエルのアイザック・ヘルツォーク大統領、オランダのホロコースト博物館でガザ地区の抗議活動に直面

イスラエルのアイザック・ヘルツォーク大統領、オランダのホロコースト博物館でガザ地区の抗議活動に直面

  • レイチェル ラッセル著
  • BBCのニュース

動画解説、

動画: イスラエル大統領がオランダのホロコースト博物館を訪れている間に抗議活動が勃発

アムステルダムのホロコースト博物館の開館式にイスラエルのアイザック・ヘルツォーク大統領が出席したことをきっかけに、ガザでのイスラエルの軍事作戦に対する抗議活動が起きた。

停戦を求める活動家らは市内のユダヤ人地区にある国立ホロコースト博物館近くの広場に集まった。

抗議活動参加者の中にはユダヤ人もいた。

デモ参加者はパレスチナとイスラエルの国旗を掲げているのが見られた。

オランダのメディア、デ・テレグラーフは、デモ参加者の一部が警察のトラックに乗り込み、花火や卵を投げ始めたところ機動隊が彼らを殴り飛ばしたと報じた。

「虐殺に反対するユダヤ人」や「ホロコースト生存者の孫は言う:ガザのホロコーストをやめろ」と書かれた横断幕も見られた。

同博物館は、イスラエルによるガザ地上攻撃につながった10月7日のハマス攻撃の前にヘルツォーク氏を招待したと述べた。

彼女は声明で、ヘルツォーク氏の存在が疑問を引き起こしていることは認めたが、同氏はイスラエルに移住したオランダのホロコースト生存者の祖国の代表であると付け加えた。

イスラエル大統領は演説で、博物館は「憎しみ、反ユダヤ主義、人種差別から生まれた残虐行為を記憶する」と述べた。

「残念ながら、今、このようなことが再び起こることはないでしょう。なぜなら、憎悪と反ユダヤ主義は現在世界中で蔓延しており、私たちは一緒にそれと戦わなければならないからです」と彼は述べた。

ヘルツォーク氏は、10月7日の攻撃でハマスに取られた人質の「即時かつ安全な帰還」を求めた。

写真にコメントして、

イスラエルのアイザック・ヘルツォーク大統領は、国立ホロコースト博物館の開館式典で演説した。

開会式にはオランダ国王ウィレム=アレクサンダー、オーストリア大統領アレクサンダー・ファン・デル・ベレン、オランダ首相マルク・ルッテ、ドイツ連邦議会議長マヌエラ・シュヴィージクも出席した。

博物館に到着すると群衆からブーイングを浴びた。

ウィレム=アレクサンダー国王は、近くのシナゴーグに集まったオランダのホロコースト生存者に向けた演説で、「この博物館は、反ユダヤ主義がもたらす可能性のある壊滅的な結果を私たちに示している」と述べた。

第二次世界大戦終結からほぼ80年を記念して、ホロコースト博物館が月曜日に一般公開される。 これまでに公開されたことのない2,500点の作品が展示されます。

ナチス占領以前、オランダには約14万人からなる大規模なユダヤ人コミュニティがあった。

しかし、そのうちの75%、約10万2,000人がホロコーストで殺害されたと推定されている。

READ  インドネシア:スメル山火山が40.00フィートの高さの火山灰と煙を噴き出します