Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

イスラエル軍がガザ市の奥深くまで侵入

イスラエル軍がガザ市の奥深くまで侵入

ジョー・バイデン米大統領は、イスラエルとハマスの紛争には「一時停止」が必要だと述べた。 しかし、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は木曜日、自軍は前進しており「彼らを止めるものは何もない」と述べた。

パレスチナ人はこの決意を示すさらなる証拠を目にした。 彼らは、領土内最大のジャバリア難民キャンプを再び空爆した後、瓦礫を掘り返している。 保健省当局者らは、爆弾が学校に直撃し、27人が死亡したと発表した。

ガザでは4週間の戦闘で9000人以上が死亡し、イスラエル人1400人も死亡した。

イスラエルの司令官らは、地上部隊が「顕著な」進歩を遂げていると述べている。

イスラエル国防軍参謀長のヘルジ・ハレヴィ中将は、「イスラエル戦闘機は過去数日間ガザ市で活動し、複数の方向から包囲し、ガザ地区への我々の侵攻を深め、我々の成果を深めた」と述べた。

ハレビー氏は、自軍がレバノンとの北部国境を含む「あらゆる分野で高い即応性」を維持していると述べた。 これらの部隊は先月以来、ヒズボラ戦闘員と銃撃戦を続けている。

イスラエル当局は住民に対し、その地域の町から退去するよう命じた。 しかし、木曜日にキリヤット・シュモナでロケット弾攻撃があり、2人が負傷した。

READ  日本とUNFPAは「Health on Wheel」トラックを寄贈。