Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

イタリアで発見された11匹の恐竜の群れの化石| 恐竜

11匹の恐竜の群れの化石の宝庫がエジプトで初めて確認されました イタリア、国内でこれまでに見つかった最大かつ最も完全な恐竜の骨格を含みます。

隔離にもかかわらず まだ恐竜 1990年代からイタリアで発見された古生物学者は、現在、北東部の港湾都市トリエステ近くのかつての石灰岩採石場であるヴィッラッジョデルペスカトーレでグループ全体を特定しました。

化石化した遺跡はその種に属しています Tethyshadros insularisこれは8000万年前に住んでいて、長さは5メートルでした。

ボローニャ大学の教授で研究チームのリーダーであるフェデリコ・ファンティ氏は、結果は Journal of Scientific Reports

ヴィッラッジョデルペスカトーレは、古生物学者がアントニオと呼び、当初は「矮星型」と考えていた恐竜の骨格を発見した後、1996年に恐竜で有名になりました。 しかし、最近の発見はこれと矛盾しています。アントニーは、一緒に死んだ同じ群れの一部であった小さな恐竜であると今では信じられているからです。 グループの中で最大の化石化した遺跡はブルーノと名付けられています。

「ブルーノはグループの中で最大かつ最古であり、イタリアでこれまでに見つかった最大の恐竜の骨格です」とファンテは言いました。 「アントニオの発見後、その場所に恐竜がいることはわかっていましたが、実際に恐竜がいくつあるかは誰も確認していませんでした。現在、同じ群れに属する複数の骨があります。」

魚、ワニ、飛んでいる爬虫類、さらには小さなエビの化石化した残骸が、8000万年前に古代地中海の一部であった場所で発見されました。

「これはとてもクールなので、恐竜がどのような環境に住んで死んだのかを見ることができます」とファンティは付け加えました。 「その期間中、この地域は恐竜の群れに餌を与えることができる暖かく湿った熱帯環境の海岸に非常に近かった。」

保護区であるヴィッラッジョデルペスカトーレでこれまでに発見された発掘調査のいくつかは、トリエステの市立自然史博物館に展示されており、専門家は最終的にサイトの一部を一般に公開することを望んでいます。

1月に、 足跡は イタリアアルプスで、ワニに似た先史時代の爬虫類が発見されました。

READ  完全に免疫化されたフロリダの父親がCOVID-19で死亡した後、Sunは免疫不全の警告を共有します