Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

イタリアは50歳以上のすべての人にCOVIDワクチンの義務を拡大します

1月5日、イタリアのローマの音楽ホールで、政府が学校の新しい規則を承認し、労働者にCOVID-19の予防接種を行う予定の日に、男性がコロナウイルス病に対するモデルナのワクチン(COVID-19)を受け取ります。 、2022年。ロイター/ Guglielmo Manjiapan

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

ローマ(ロイター)-イタリアは水曜日に、医療サービスへの圧力を緩和し、死亡を減らすために、50歳以上の人々にCovid-19に対するワクチン接種を義務付けました。 。

この措置は直ちに発効し、6月15日まで継続されます。

イタリアは、2020年2月の出現以来、コロナウイルスによる138,000人以上の死亡を記録しており、これは英国に次ぐヨーロッパで2番目に高い犠牲者です。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

マリオドラギ首相の政府は、教師と医療従事者に予防接種を義務付けており、昨年10月以降、すべての従業員は職場に入る前に予防接種を受けるか、陰性であることがテストされなければなりませんでした。

拒否は無給での休職につながりますが、解雇にはつながりません。

水曜日の法令は、ワクチン接種の代わりに検査を受けるオプションを排除することにより、50歳以上の労働者に対するこの命令を厳しくしています。 2月15日の時点で、規則に違反した者に対する罰がどうなるかはすぐには明らかではなかった。

ドラギの複数政党連合内で摩擦が見られた2時間半の閣議の後、この法令は承認された。

ドラギ氏はスポークスマンによると、「今日の行動は、病院をうまく運営し、同時に学校や企業を開いたままにすることを目的としている」と語った。

右翼のリーグ党の大臣は、50年以上のワクチン接種規則から離れた声明を発表し、「コビッドで治療されている人の絶対多数が60歳以上であることを考えると、科学的根拠がない」と述べた。

リーグは、予防接種または最近の怪我の証拠を持っている人だけが公的機関、重要でない店、銀行、郵便局、および美容院に入るべきであると提案する法令の以前の草案を打ち砕くことに成功しました。

最終判決は、これらの場所は、テストで陰性である限り、非ワクチン接種者に開放されたままであると決定しました。

ヨーロッパの他の場所では、オーストリアは来月から14歳以上の人に予防接種を義務付ける計画を発表しましたが、ギリシャでは1月16日から60歳以上の人に予防接種を義務付けます。 続きを読む

イタリアは、伝染性の高い変異型オミクロンの影響を北欧諸国よりも遅れて受けましたが、病院や集中治療室への圧力が高まる中、ここ数週間で症例数は着実に増加しています。

過去2週間で1日あたり平均150人以上が死亡し、水曜日に231人、火曜日に259人が死亡しています。 また、水曜日には189,109件の新たな感染が記録されました。これは、流行が始まって以来の最高レベルです。 続きを読む

Our World in Dataによると、イタリア人の約74%が少なくとも2回の予防接種を受けており、6%は1回しか受けていません。 約35%が3回目の「ブースター」注射を受けました。

(1ドル= 0.8835ユーロ)

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

ギャビンジョーンズ脚本の作品

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  ロシア・ウクライナ戦争:ロシアはセベロドネツクの擁護者に降伏を要求します。 アゾット工場から逃げようとしている500人の民間人| ウクライナ