Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

イノベーションは日本の「パンクロックの魂」を明らかにする

横浜、日本>>国の食べ物と彼らの魂の窓。

ハンバーガーを取りなさい。 ハンドルは、オオカミが1748年に建国の父ベンジャミン・フランクリンによって紙に書かれるとすぐに、ウォール街とそれ以降の野心により多くの力を与えるという素晴らしいアメリカのアイデアを生み出します。 「覚えておいてください。その時はお金でした」とフランクリンは書いています。

中国では、食べ物は国民の精神の至る所にあり、人々は「Cファンルマ?」と尋ねます。 フレーズでお互いに挨拶します。 – 食事はしましたか? フランスの食品著作権侵害は、有名な全能のジャック・シラク大統領に、かつてはしぶしぶ英国人にそれを説明するように促しました。

これで、横浜のカップヌードルミュージアムに行くことができます。

はい、そのような場所があります。 そして、そうです、インスタントラーメンは、第二次世界大戦後の日本を経済的、文化的、美食の巨人にするのに役立った日本の発明、リスクテイク、そして外国の影響を適応させ改善する開放性について多くのことを言います。

日本人は隣国の中国産の麺を砕き、「ラミオン」と呼んでいます。 何年にもわたって、日本のシェフはラマナを芸術として、フレーバー、テクスチャー、選択肢の新進のスペクトルとして高めてきました。

要するに、日本は外国の影響を吸収し、それを改善したのです。

戦後の日本の食糧不足に怯えていた貧しい元信用組合労働者の安藤百福氏は、飢えた人々は余ったアメリカの小麦を温水で数分でラーメンに変えるというアイデアを準備できると述べた。

安藤のエウレカの瞬間は、妻が天ぷらの揚げ物を見たときに訪れました。 フラッシュ焼きそばを脱水するというアイデアが生まれました。 安藤の最初のインスタントラーメンは1958年に発売されました。

カップヌードルは1971年に続いた。 そのアイデアの洗脳は、1966年に彼のインスタントラーメンが消費者を再配置し、紙コップからそれらを食べるのを見たとき、米国への事実調査旅行で起こりました。 日清食品によると、安藤社によって設立されました。 カップヌードルの世界的な売上高は、2016年に400億ドルを超えました。

安藤は2007年に96歳で亡くなりましたが、彼の発明は世界でも珍しい味覚体験のひとつ、カップヌードルアイスクリームになるはずです。

カップヌードルは博物館でのみ提供されており、本物のカップヌードルと同じ粉末スープと冷凍乾燥トッピング(玉ねぎ、エビ、卵、肉片)を使用しています。

美術館を訪れた佐藤典之は、あちこちではなく「塩甘い」と表現しました。 「外国人がその言葉を理解しているかどうかはわかりません」と彼は言った。

しかし、それは、箱から出して考え、まったく新しいものを作成するのに適さないものを組み合わせるという日本のスキルです。 イタリアのジェラートメーカーが大胆に道を外れるとは想像しがたいです。

日清食品の広報担当鈴木香原氏は、アイスクリームは「多くの日本人のパンクロックスピリットと呼んでいるもの」だと語った。

「誰がこのようなアイデアを思いついたのだろうか?つまり、それはとてもユニークだ。日本の生活のあらゆる面でそのパンクロックスピリットを見つけることができる」と鈴木氏は語った。

もちろん日本のお皿に。 他の例としては、角の店で売られているフルーツサンドイッチや人気のライスバーガーがあります。 5月以降、彼らと彼らの好みは、ドミノ・ピザ・ジャパンのメニューイノベーション部門のマネージング発明者兼マネージャーである大山幸によって作成されたライスピザと組み合わされています。

ドミノのデラックスバージョンは、通常のピザ生地のベースではなく、圧縮された調理済みの白米のベース層上に構築されたピザです。 次に、ライスベースを濃厚なトマトソースで砕き、モッツァレラチーズ、玉ねぎ、ピーマン、ペパロニ、イタリアンソーセージなどの伝統的なピザの材料をトッピングします。 ドミノ・ピザは日本で唯一の製品ラインを販売しています。

「日本人は物事を整理するのが得意です」と彼は言いました。 「ピザとご飯の組み合わせは奇妙なことではありません。」

おそらくそうではありません。 しかし、日本は静止していないように見えるので、それは食べ物を説明するのに役立ちます。 結局のところ、発見する新しいフレーバーは常にあります。

———

山田美奈が寄稿しました。 パリを拠点とするジャーナリストのジョン・レスターは、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、米国のAPに報告しているときに食事をしました。

READ  しょぐばんは酸味に強い:日本の牛乳パンの台頭 | オーストラリアの食べ物と飲み物