Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

イムラン・カーンとラホール警察の緊迫した対立 | オムラン・カーン

イムラン・カーンとラホール警察の緊迫した対立 | オムラン・カーン

ラホールではイムラン・カーンと警察が緊迫した対立に陥っている。そこではパキスタンの元首相が逮捕されそうだと主張して邸宅に潜伏しており、警官らが同首相を「テロリスト」を匿っているとして周囲の道路を封鎖している。

カーン氏は汚職事件での逮捕が不法と認定され、金曜日に警察の拘留から釈放されて以来、再逮捕されることへの恐怖を繰り返し表明しており、月曜日に妻とともに出廷するため自宅を出たのは一度だけだ。

木曜日、カーン氏は逮捕の背後にある汚職当局である国家会計局に出頭するよう呼び出されたが、代わりに書面で回答を送った。

カーン氏はこの一週間、自宅で批判的な演説を放送し、軍や連立政権の高官に対して物議を醸すツイートの数を増やしてきた。

水曜日の夜、カーン氏が自宅からYouTubeのフォロワーに向けて演説を配信する準備をしていたところ、パンジャーブ州警察の重部隊が自宅周辺に集結し、カーン氏は逮捕されそうだと主張した。

イムラン・カーン: パキスタンを分断している男は誰ですか? 動画解説

パンジャブ州の地元当局者は諜報機関の報告を引用し、カーン氏が先週勃発した暴力的な抗議活動に参加した「30~40人のテロリスト」を保護し、自宅に匿っていると主張した。

カーン氏にテロ容疑者を諦めるまで24時間の猶予を与えなければ、強制捜査が行われる。 しかし、木曜日午後の時点で警察は自宅に入っておらず、パンジャブ州政府関係者は、自宅周辺の道路には警察のバリケードが残っているものの、現時点で強制捜査を行う計画はないと述べた。

カーン氏は演説の中で、自宅に「テロリスト」が存在したことを否定し、警察に対し身元確認のため捜索令状を持って来るよう求めた。

同氏はパキスタンのテフリク・エ・インサフ党の党員に対して取られた措置に反対の声を上げ続け、国家による同党に対する「恐怖政治」でここ数日で7000人以上の党員が逮捕されたと主張した。 水曜日、数人の上級議員が保釈された後すぐに再逮捕され、警察によって見知らぬ場所に連行された。

同氏は演説の中で、「私は今日、パキスタンが破滅に向かっているのではないかと懸念している」と述べた。

カーン氏はまた、パキスタン軍当局に対するますます批判的な発言についてもコメントした。 カーン氏は「子供たちを批判するのと同じように軍隊を批判する。それが改革だ」と述べた。

カーンに対する厳しい批判の焦点となっている軍司令官アシム・モニル将軍は、これに応えてカーンをひそかに攻撃し、「軍に対して行われている外部から支援され、内部で促進され、調整されたプロパガンダ戦争への懸念」を表明した。リーダーシップ”。

READ  最新のウクライナとロシアの戦争のニュース: マクロンは中国に、核兵器について「プーチンを正気に戻す」よう促す