Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

インディカーが日本に戻ってくるのを見るのは素晴らしいことです

1996年から2010年にかけて、日本の茂木町の楕円形のトラックでインディカーがレースを行い、東北地方太平洋沖地震がトラックに構造的損傷を与えたとき、イベントは2011年に道路上の茂木トラックに切り替わりました。シリーズは日本とレースをしましたが、ホンダは過去25年間NTTインディカーシリーズの柱でした。

Penske EntertainmentCorp.の社長であるMarkMilesは、Motorsport.comに次のように語っています。考慮事項。」

しかし、スーパーフォーミュラ選手権で3位に終わったバルは、全米オープンに出場し、再び日本に戻ってみたいと語った。

「私は日本で素晴らしい経験をしました、そして時々私はそこでのファンの雰囲気を逃します」と彼はMotorsport.comに話しました。 「どのようなジュニアシリーズで何人の人がレースをしているのかはおかしいです。

「私は文化が少し恋しいです、そして私はすべてがとても微妙です-しかしそれは私がここで楽しんでいないという意味ではありません。私はここで最高の瞬間を過ごし、1つを切り替えないように常にアメリカに住みたいと思っていました別。”

「でも、日本では素晴らしい経験がたくさんありました。いつかインディカーに戻ってもらいたいです。そうすれば、両方の長所を活かすことができるでしょう?!

「かっこいいし、理にかなっていると思う。以前にやったことがあり、日本の工場があり、特にここに琢磨があると思う。2度のインディ500優勝者だ。そのようなものの利点-パトと一緒にメキシコに行くようなもの。 [O’Ward] 強くて良いチームと。 これもとても楽しいと思います。」

F1とインディカーのベテラン佐藤は必然的に日本に帰国するシリーズのファンのお気に入りになるでしょう-彼が2017年に帰国ツアーでボルグワーナーカップに参加したときに証明したように-パロウは彼も日本で非常に人気があることを知っています。

2017年、全日本F3選手権に出場し、3勝5位でポイントテーブル3位に終わった。 2年後、彼はTCS中嶋レーシングのスーパーフォーミュラに出場し、タイトルを獲得するために設定されたチャンピオンシップファイナルをリードしていました。 結局、彼はポイントで3位に終わった。

バル氏は、「ソーシャルメディアで、まだ多くの日本人ファンが私をフォローしていることに気づいた」と同意した。 「私が外にいるのに彼らがまだそこにいるのはクレイジーだ。あなたがもうそこにレースをしないとき、彼らはあなたをフォローするのをやめるか、あまり興味がないのが普通だ。しかし彼らは私をフォローしてサポートしてくれている私、物を買う [merchandise] ムナ。 彼らには私が半分日本人のように見えます、それは私にとって完璧です! このような文化を掘り下げるのは本当に難しいので、見るのは素晴らしかったです。

「それが私にとって日本を特別なものにしている理由です。だからこそ、彼らが私をどれだけ支え、励ましてくれるかを知っているので、私は日本を少し懐かしく思っています。」

バル氏は、日本の主要なレーシングシリーズについてはまだ最新の状態にあると語った。

「はい、私はまだ日本で多くの関係を持っているので、私はまだスーパーフォーミュラに多くの注意を払っています」と彼は言いました。 「そこのレベルは本当に高いと思います。私の元チームメイトの牧野任祐 [who won the Super GT championship in 2020 and now races for Team Dandelion] 本当に速い。 私はそれを本当に高く評価しています。

そしてトヨタドライバーの一人、平川亮 [currently second in the SF championship for Team Impul] -彼は過去3、4年で非常に強いです。 彼は本当に才能のあるドライバーであり、彼は常にそこにいて、彼が良い車を持っているか悪い車を持っているかにかかわらず勝つために戦っています。

「しかし、正直なところ、基準は非常に高く、本当に優れたドライバーがたくさんいます。」

アレックス・バロウ、中嶋企画、2019年

写真:マサヒドカミョ

READ  クリス・ルーカスのジャパニーズグリル「焼き物」が開店日を設定し、予約を開始