Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

インドで「最も暑い」場所、ムンゲシュプールの住民

インドで「最も暑い」場所、ムンゲシュプールの住民

IMDのM・モハパトラ会長は、52.9度という数字を最終的なものとして扱うべきではないと述べた。

ニューデリー:

デリー北西部の目立たないムンゲシュプール地域は水曜日、インド気象局気象観測所が記録した同地域の気温が摂氏52.9度に達し、首都だけでなくインド全土の記録となったことで一躍脚光を浴びた。インド。

IMDは、特にデリーの他の測候所と比較して異常だったため、天文台の温度センサーをチェックしていると述べたが、ムンゲシュプールの人々は、最終的な数値に関係なく、水曜日はすでにこの地域でこれまでで最も暑かったと述べた。

住民らがNDTVに語ったところによると、子供を含む多くの人が熱中症やその他の熱関連の問題で入院しなければならなかった。 彼らによれば、事態をさらに悪化させたのは、午後11時に変圧器が爆発した後、水曜日の夜中、地域の大部分が停電したという事実だったという。

ムンジェシュプールのジャワハル・ナボダヤ学校で働くジェイ・ナラヤンさんは、「5月29日にはすでに気温が非常に高く、気象局の何人かが夜に来てセンサーをチェックした」と語った。

「今回の熱波は非常に激しく、気温は常に45度以上に達していた。昨日は50度以上あったように感じた」と、この地域で金物店を経営するバワニさんは語った。

同じく地元住民の65歳のビジェイさんは、家族の何人かが暑さのせいで体調を崩したと語った。

「午後11時頃に変圧器が爆発した。私たちとその地域の子供たちは全員、暑さのため停電に見舞われた。多くの人が病院に運ばれなければならなかった。空から火の雨が降っているような気分だった」と語った。

店主にとって、暑さと同じように、これは極端なケースでした。

雑貨店を経営するロヒットさんは、冷水ボトルやソフトドリンクが飛ぶように売れ、業績が伸びていると語った。 「記録は破られた。これほどの高温は見たことがない」と彼は語った。

ブペンドラさんはビハール州出身で、この地域で自転車修理店を経営しています。 暑さのため午後は誰も外出しないため、作業が止まっていると彼は語った。

「最終形をお待ちください」

しかし、IMD長官のM・モハパトラ氏は、52.9度という数字を最終的なものとして扱うべきではなく、センサーは現在チェックされていると述べた。

「ムンゲシュプルは異常でした。デリーには 17 の観測所があり、ムンゲシュプルの気温は他の観測所とはまったく異なっていました。デリーではこれまでこれほどの高温を経験したことがなく、以前の最高気温はパラムで 48.4 度でした。そのため、データの検証が不可欠です。モハパトラ氏は「そうなるまで皆さんに待っていただきたい。」と語った。

READ  リバドゥ氏が国家安全保障局の任務を引き継ぎ、ナイジェリアの安全を確保するためのティヌブ氏のビジョンについて語る