Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

インドと日本の首相が「クワッド」、政府-19について話し合う

5G、海底ケーブル、産業競争力の強化、サプライチェーンの多様化が交渉中

外務省によると、インドと日本は月曜日にコビット-19の流行と戦うことを決定した。 ナレンドラ・モディ首相と菅義偉首相との電話会談で、コビット-19についての観察が行われ、オーストラリア、インド、日本、米国を含む「クワッド」などの現在のイニシアチブの状況を確認することが約束されました。完全な二国間開発プロジェクト。 。

「彼らは、これらの課題を克服する上での緊密な日印協力の重要性を強調しました。すなわち、柔軟で多様で信頼できるサプライチェーンを構築し、重要な製品と技術の信頼できる供給を確保し、生産と能力開発における新しいパートナーシップを構築するために協力します。」前記。

日本は、これまでにないほどインドで激化するエピデミックを制御することを目的として、いくつかの外国のパートナーの助けを求めています。 流行の最後の年に、双方は、立ち往生している市民がタイムリーに家に帰ることができないのを助けてきました。 両首脳は、そのような協力を継続することに合意した。

日本側の声明は、東京に「規則に基づく自由で開かれた国際秩序」を約束した。

モディ首相は吉人の絆を強めることを誓った

両首脳は、日・南・南シナ海における中国の独立と南シナ海の動きについて「深刻な懸念」を表明する上で、日印二国間および多国間協力の重要性を再確認した。インド太平洋地域を開きます。

両首脳は、5G、海底ケーブル、産業競争力の強化、サプライチェーンの多様化、北東部州の開発プロジェクトなどの分野での協力の可能性について話し合った。 両首相は、ムンバイ-アーメダバード高速鉄道の建設が「持続可能な進展」を遂げていることに留意した。

READ  日本の水泳選手イキは、クリーンスイープを主張しているにもかかわらず、オリンピックのスポットを失います