Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

インドの有名なIIT学校の卒業生は、日本のデジタルイニシアチブについてどう思いますか?



右から、Soumyadeep Roy、Gopal Agarwal、Lao Shindeが、東京都江東区の東日印刷株式会社を訪問します。 (毎日/川上玉美)

TOKYO-インド工科大学(IIT)には、Googleの親会社であるAlphabetのCEOであるSunderPichaiや新しいTwitterのCEOであるBarackAgarwalなど、世界で最も有名なITプロフェッショナルがいます。 一方、ITスタッフ、特にIITの卒業生に対するビジネス界の渇望は、日本でのみ高まっています。 日本で働くIITの卒業生は、この国のデジタルトランスフォーメーションについてどう思いますか?また、まだ問題は何ですか? 彼はミネアポリス親藩学校の何人かの卒業生と話をして調べました。

2015年にインド工科大学を卒業したAmandeepSinghは、東京に拠点を置くベンチャーキャピタル企業の新興企業を専門としています。 彼はMinichiShimpuに、日本には質の高いITワーカーがいるにもかかわらず、他の業界よりも多くの報酬が支払われていないことを伝えました。彼は、日本をデジタルトランスフォーメーションの問題と見なしています。 インドでは、IT労働者は比較的良好な労働条件を持っています。

シンの母校は、コンピュータサイエンスとエレクトロニクスのコースで有名です。 最初の国立機関は1951年に西ベンガルのカラグプルに開設されました。 現在、インド全土に23のIIT学校があります。 50人の学生が学校の入学試験で提供される各場所を競い合っており、彼らは現在、国内で最高の科学的才能を組み合わせています。

シン氏によると、IT関連分野の人気が高まっている背景には、より高い賃金があります。 彼はメイン州に、多くの外国企業がインドでの事業を外部委託しており、これらの従業員は月額「少なくとも10万円」(約860ドル)または基本料金の10倍を稼いでいると語った。 「それは平均的です。」

インドのビジネス新聞TheEconomic Timesのオンライン版は、2021年12月に就職したIIT卒業生の採用を取り上げています。 Uber Technologies Inc. IITは、IITの新卒者に基本給、署名、その他のボーナスとして合計2,000万ルピーを提供しています。 (約3120万円または269,000ドル)。

2001年にIITカラチから博士号を取得し、東京国際大学国際戦略研究所で働いているバラク・クルカルニ教授は、インドの両親は子供たちがエンジニアや医者になることを夢見ているとマイニチに語った。 しかし、今日IT業界の注目を集めているのは、AlphabetBeggarやTwitterのAgarwalのようなサクセスストーリーです。 彼は、1990年代まで、インドにはIITがほとんどなかったと付け加えました。

IIT卒業生にとってのメリットは何ですか? Saurabh Sharmaさん(37歳)は、2010年にIITカンプールで大学院を修了した後、来日し、現在はクリーンエネルギー技術の研究開発に携わっています。 同窓生同士の絆の強さを挙げています。

これらの接触は、学生がIITで勉強するときだけでなく、生涯を通じて受け継がれ、次世代に受け継がれます。 IIT同窓会にも日本支部があり、同窓生とその関係者からなる約200名のソーシャルメディアチームがあります。

毎日新聞などの新聞を印刷する東日印刷株式会社は、2017年からITエンジニアとしてIITの卒業生を採用し、現在6名のスタッフを擁しています。 毎日新聞に向かう途中、ラオス・シンデ(26歳)、ゴパル・アガルワル(27歳)、スミヤディープ・ロイ(25歳)に会った。

2016年にシンデとアガルワルが東日印刷でインターンをしていたとき、上司からスタッフのスケジュールを共有するために何かをするように頼まれました。 それまで、会社の会議室の予約は紙で行われていました。

カップルは約2か月間協力して、従業員のスケジュールをオンラインで管理および共有するためのアプリを作成しました。 会社に採用された後、彼らと他のIIT卒業生はシステムの改善に取り組み、現在、約200人の従業員を雇用できるパフォーマンス向上プロセッサを完成させました。 また、スマートフォンなどで撮影した名刺画像からトニック社員が共有できるデータを抽出できるツールを開発し、消費者向け商品としても販売しています。

シン氏は、日本のデジタル化についてコメントし、日本の購買力は非常に強いと述べた。 4Gは、人々が購入でき、デジタル化を促進するため、日本での採用に成功しています。 代わりに、「インドでは、4G、3G、2Gの好みがある場合、ほとんどの人は…安い場合は2G、3Gを選択します。」

厚生労働省の統計によると、2020年までに日本の電気通信部門で71,284人の外国人が雇用される予定です。 市民権によって破壊されたインディアンは、12,229の「その他」のカテゴリーに含まれます。 しかし、このセクターで働くインド人の数は、33,533人の労働者を抱え、他の地域で高い地位を占めている中国よりもはるかに少ないようです。

経済産業省の2019年の報告によると、ITサービスの需要が緩やかに(約2〜5%)増加すると、日本のITスタッフ不足は2030年までに45万人に達するでしょう。

IITの学生の間では、米国が最も人気のある職場です。 IITハイデラバード助教の加藤琴郎氏は、「日本は徐々に魅力的な選択肢になりつつあるが、人々がそこに行きたいという強い願望があるのは事実だと信じている」と語った。

(日本のオリジナル川上玉美、外国ニュース)

READ  NickCrickがグラスゴーウォリアーズを離れて日本で契約を結ぶ