Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

インドは価格を下げるために米国と日本と一緒に500万バレルの原油を放出する

インドは値上げを抑えるために500万バレルの原油を放出することを決定した

インドは、米国、日本、中国、韓国などの国々と協力して、戦略的石油備蓄(SPR)から500万バレルの原油を放出することを決定しました。

政府がこの措置を講じることを決定した理由を調べてみましょう。

  1. 石油省は公式声明の中で、原油の放出は世界の主要なエネルギー消費者でもあるこれらの国々と協議して行われると述べた。 インドには約2,650万バレルの石油埋蔵量があります。

  2. この決定は、米国がこれらの国々に、商品の世界的な価格を下げるために、自国の埋蔵量から原油を解放するように促したという報告の中で行われました。

  3. ホワイトハウスは火曜日、米国が戦略的石油備蓄から5000万バレルの原油を放出し、12月中旬から下旬に市場に出回る石油価格の冷却を支援すると発表した。

  4. バイデン政権の高官は、貸付と売却の形をとる発行は、中国、インド、韓国、日本、英国による戦略的備蓄の他の発行と調整されると述べた。

  5. インドは、液体炭化水素の価格設定は合理的かつ責任があり、市場の力によって決定されるべきであると強く信じています。 インドは、石油生産国の需要レベルを下回るように石油供給を人為的に調整することへの懸念を繰り返し表明しており、価格の上昇とそれに伴う悪影響につながる」と石油省は述べた。

  6. 燃料価格のインフレ傾向を抑えるために、2021年11月3日にガソリンとディーゼルの物品税がそれぞれ5ルピーと10ルピー引き下げられ、11月4日から発効しました。

  7. ロイター通信は11月22日、日印当局者が米国や他の主要経済国とともに原油の国家備蓄を解放して価格を引き下げる方法に取り組んでいると報じた。

  8. 米国のジョー・バイデン大統領は、米国のガソリン価格が高騰し、彼の承認率が来年の議会選挙に先んじて低下する中、中国、インド、韓国、日本に調整された石油備蓄を発行するよう要請した。

  9. ロイター通信によると、米国政府がOPEC +を説得して、主要な生産者が原油不足に苦しんでいないと主張し、より多くの石油を汲み上げることができなかったため、この要請があった。

  10. ロイター通信はまた、日本の岸田文雄首相が週末に株式を解放する意思を示したと報じた。

READ  アジア株は中国での上昇で上昇するが、技術的な懸念を圧迫する