Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

インドは2025年までに日本を追い抜き第4位の経済大国になる勢いだ

インドは2025年までに日本を追い抜き第4位の経済大国になる勢いだ


ウェブオフィスによる
|
2024 年 5 月 12 日

インドは2025年までに日本を追い抜き第4位の経済大国になる勢いだ

最近の動きとして、インドは2025年までに日本を追い抜き、世界第4位の経済大国になる勢いだ。

によると 経済的な時代、インドのG20議長でニティ・アーヨグの前最高経営責任者(CEO)であるアミターブ・カント氏は、現在第5位にランクされているインドのGDPはいくつかの前向きなマクロ経済指標によって支えられていると指摘する。

これによりインドは米国、中国、ドイツ、日本に後れをとり、2022年にはインドが英国のGDPを超えることになる。

しかし、この目覚ましい経済成長は、わずか 10 年前の同国の 11 位の経済大国からの大幅な飛躍を表しており、同国の GDP は現在約 3 兆 7,000 億ドルと推定されています。

さらに、インドの台頭に貢献した主な要因には、記録的なGST徴収額、過去3四半期の8%を超える安定したGDP成長率、27カ国との貿易におけるインドルピーの使用などが含まれます。

さらに、制御可能なインフレ水準も重要な役割を果たしました。

「フラジャイル・ファイブ」という用語は2013年に造られ、経済的課題に直面しているインドを含む新興国を指します。

しかし、インドは鉄鋼、セメント、自動車製造などの分野で 10% 以上の成長を遂げ、デジタル公共インフラにおける世界的なリーダーシップと相まって、経済力を強化しています。

国際通貨基金によると、インドは2024年に最も急速に成長する主要経済国になると予想されており、成長予測は6.5%から6.8%に上昇する。

これは同国の好調な経済実績を反映しており、成長率は2022~2023年期間で7.2%、2021~2022年期間で8.7%に達し、世界経済をリードする立場を強化している。







READ  日本経済は好転が困難に直面している