Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

インドを攻撃するのをやめなさい、日本はウイルスの広がりを抑えるためにムンバイの例を試みなければならない:アナンド・マヒンドラ

日本がコロナウイルスパンデミックの第4波に取り組む中、マヒンドラグループのアナンドマヒンドラ会長は、日本で「ムンバイモデル」に従うよう当局に要請しました。 実業家のアナンド・マヒンドラも人々に「インドのバッシング」をやめるように求めた。 彼は、ウイルスは「世界を一緒に癒す」ための共同の努力によってのみ打ち負かされることができることを誰もが理解するべきであると言いました。

「コビッドと健康インフラと戦うための日本のモデルは羨望の的でした。しかし、はい、もはや誰も安全ではありません。 「インドの攻撃はやめなければならず、私たちは一緒に世界を癒さなければならないことを理解しなければなりません。私たちは一緒に世界を癒さなければなりません。」アナンド・マヒンドラはツイートしました。

日本は他国が被った大規模な感染を回避しましたが、4回目の流行の波が大阪府を襲いました。

日本で2番目に大きな都市である大阪の病院は、ベッドと人工呼吸器の数が不足しているため、コロナウイルスによる新たな感染の巨大な波に苦しんでいます。

第1波から学ぶ昨年、ムンバイの当局は、第2波に取り組むためのアプローチにいくつかの改善を加えました。

「ムンバイでの改善の希望の兆候についてツイートしていました。人々は当然、検査の減少と報告の減少に懐疑的でした。しかし、実際の検査は病院のベッドの利用可能性であり、mybmccovidダッシュボードは着実に改善していることを示しています」とMahindraは述べています。 5月9日にツイートします。

ムンバイでのコロナウイルスの症例は2月にピークに達し始めました。 しかし、5月の初め以来、市内のコロナウイルスの症例数は減少し始めました。 Brihanmumbai Municipal Corporationの関係者によると、ムンバイは火曜日に1,037件のCOVID-19の新規症例を記録し、合計で6999904症例になり、37人の患者が感染で死亡し、1,427人の患者が感染から回復した。 市内の回収率は94%です。 ムンバイには現在27,649件のアクティブなケースが残っています。

への参加 ペパーミントニュースレター

* 利用可能なメールアドレスを入力してください

* ニュースレターを購読していただきありがとうございます。

ストーリーを見逃すことはありません! Mintとの接続と情報を常に入手してください。 今すぐアプリをダウンロードしてください!!

READ  自発的対称性の破れによる不思議な物体が検出されました