Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

インドネシアが封鎖に入るときのGoTo「十分に統合された」:大統領

インドネシア最大の電子商取引会社は、COVID-19のケースが国内で増加するにつれて、差し迫ったシャットダウンをナビゲートするためにすでに「十分に統合」されていると、GoTo社長のPatrick Kaoは、火曜日にFinancialTimesと日経が主催したウェビナーで述べました。 。

インドネシアのオンデマンドアプリGojekとeコマース企業のTokopediaは、5月に合併して、インドネシア最大の合併と見なされているGoToという持ち株会社を設立すると発表しました。 このグループは、輸送、食品配達、オンラインショッピング、および支払いサービスをカバーします。

「現在、200万人以上のサイクリストをGojekに統合できるという事実と、貿易としてのTokopediaは、ローカルコマースモデルを加速させることができます」と花王氏は述べています。 「食料品であろうとスポット取引用の車であろうと、それらの計画は約数年で解除されました。」 彼は、2つの会社の間に「驚くほど非常に低い重複」があると述べました。

花王氏は、世界で4番目に人口の多い国が感染の第二波と戦う中、統合によりGoToが需要の増加に対処できるようになったと語った。 インドネシア政府は、6月30日からより厳しい社会的制限を課す予定です。 投資家は急速に拡大する伝染の影響を注意深く見守っており、GoToは今後数ヶ月でその株式を上場しようとしています。

「予想通り、人の移動や適切な社会的距離を防ぐために、旅行や交通機関は閉鎖されます。つまり、朝食や昼食をとることができるように、顧客や商人は必要不可欠な商品やサービスへのアクセスを私たちにもっと依存するようになると思います。と夕食、そしてすべてをデジタルで安全に支払うことができるようにするためです。したがって、この組み合わせはまさにGoToが焦点を当てているものだと思います…幸いなことに、私たちはビジネスの継続を支援するために十分に統合されています。」

需要の高まりは、インドネシアと米国の両方で計画されている大規模な上場への期待を高めるだろう。情報筋によると、GoToは特別買収を通じて米国で公開する計画を発表したGrabと同等またはそれ以上の評価を目指す可能性がある。 396億ドル相当の特別買収会社。

“カップル [listing] 私のお気に入りです。 花王はシーケンシングについて次のように述べています。「しかし、私たちはインドネシアに含まれる生態系技術の最初で最大の遊びになるので、これは素晴らしいことだと思います。複製できる検証があるという事実 [list] 米国では、非常にクールなオプションです。 彼はIPOのタイミングについてコメントすることを拒否した。

ウェビナーのテーマは「アジアのテックブーム」でした。 パネルディスカッションの中で、専門家は、アジアのハイテク企業が拡大し、業界が成長するのを見続けることを期待していると述べました。

東京大学社会科学研究所の伊藤アジア准教授は、「アジアは欧米よりも急速にデジタル社会に移行している」と語った。

左上から時計回りに:モデレーターのジェームス・ケンジ、アンキティ・ボス、南雲武彦、ハワード・リー、伊藤アジアが6月29日のオンラインパネルディスカッションで講演します。

いくつかの要因がこの傾向を推進していると彼は述べた。より高度なシステムを採用する可能性が高いフォロワー、アジアの人口の多さ、政府からの強力な支援を可能にする「最近の利点」。

香港金融管理局のエグゼクティブバイスプレジデントであるハワード・リー氏は、香港には600のフィンテック企業があり、その創設者の40%以上が海外出身であると述べました。 彼は、香港は常に資本を引き付けることができたので、これらの企業は香港を魅力的だと感じていると述べた。

「2018年からの過去3年間で、146の新しい経済企業が香港で公開され、合わせて880億ドルを調達しました」と彼は言いました。 「生態系融資チャネル全体が非常に優れたプラットフォームを提供します。」

8か国のサプライヤーと工場を結ぶZilingoのCEO兼共同創設者であるAnkitiBos氏は、パンデミックにより南アジアと東南アジア全体のデジタル変革が加速し、投資先としての評判が確固たるものになったと述べました。

「それはデジタル化を余儀なくされ、信じられないほどのスピードで価値創造を余儀なくされました」と彼女は言いました。 「過去12か月で3、4、5年の作業が行われ、ロックが解除されていない驚くべき価値がまだ残っていると思います。」

スマートシティ研究所の南雲武彦事務局長によると、日本はデジタル技術の採用を加速するために将来の都市に賭けている。 彼は、日本の人口の高齢化は、特にモビリティの分野で、ハイテク企業に革新の機会を与えていると述べた。

「移動、買い物、遠くに住む家族の診察、医師の診察などの自由をどのように提供できるか」と彼は述べ、企業はアプリに歓迎される自動運転およびオンデマンドのバスソリューションを開発していると付け加えました。

左上から時計回りに:モデレーターの川瀬健二、ジュリー・コー、ダン・ワン、小柴光信が6月29日のオンラインパネルディスカッションで講演。

スマートフォンやデータセンターから自動車に至るまで、このようなデジタル技術を動かす半導体の世界的な不足が現在注目されています。 専門家は、パンデミック時の米中緊張と国境管理の強化に加えて、不足が各国にサプライチェーンの再考を促していると述べた。

シンガポール半導体産業協会の戦略プログラムディレクターであるジュリー・コーは、次のように述べています。 「半導体企業はまた、業界への十分なサポートを確保するために、地域のエコシステムを成長させ、強化することが非常に重要であることを認識しています。」

GavekalDragonomicsの技術アナリストであるDanWang氏は、中国が最も脆弱である可能性があると述べた。 「中国は、一部の半導体技術、特に半導体製造装置において、米国を半独占と見なしている」と彼は述べた。 「中国はおそらくあらゆる種類のセクターで5年から10年遅れるでしょう。そして今重要な問題は、米国がより敵対的になるにつれて、中国がそのギャップをどれだけ早く埋めることができるかということです。中国のハイテク企業は現在、そのギャップを埋めようと懸命に努力しています。 」

日本の材料サプライヤーJSRCorp。の名誉会長、小柴光信業界は、最先端のチップ製造装置に電力を供給するために必要な大量のエネルギーを含む、急速な成長の「不便な現実」に立ち向かう必要があります。 櫛場氏は、「量子コンピューティングなど、このジレンマを克服するための創造的な方法」を探していると語った。

READ  労働者に飢えたオーストラリアの州は、天国で働くためのお金を提供しています