Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

インドネシアの警察が詐欺を望んでいた日本人男性を逮捕しました

インドネシアのジャカルタ(AP)-インドネシアのスマトラ島の南端にある当局は、困窮している中小企業への大規模なCOVID-19助成金の受領に関連して、日本での詐欺で告発された日本の逃亡者を逮捕したと警察は水曜日に述べた。

国家警察のスポークスマン、テディ・プレセット氏によると、火曜日の夜、ランプン地区中央部のガリレホ村で、地元警察の支援を受けて、谷口光弘さん(47)が入国管理局によって逮捕された。

プレセット氏によると、彼は補助金詐欺の蔓延に関連して日本の警察に指名手配され、2020年10月に日本を離れてインドネシアに向かった。

民間の知人委員会は、政府-19救済基金に約1,700件の虚偽の申請を提出したと言われています。 警視庁は、960件以上の申請で9億6000万円(730万ドル)の助成金を受け取ったと考えています。

谷口容疑者の事件については赤字の通知はないが、インドネシア警察は入国以来、入国管理に関連して彼の所在を知るために真剣な行動をとっている。

「日本当局がパスポートを取り戻した後、彼がインドネシアにいることは違法である」と、民間移民監視執行局に引き渡されたプレセティオ氏は述べ、当局は国外追放プロセスを日本大使館当局と調整している。

東京の警察は5月30日に詐欺の疑いで谷口の元妻とその2人の息子を逮捕し、東京のMPDは彼を国際的な指名手配リストに加えたと日本の新聞が報じた。 ミニチ親藩。 2020年6月から8月にかけてCOVID-19の助成金に300万円(22,500ドル)を横領した疑いがあるとのことです。

この計画は、2020年8月に警視庁が警視庁と協議したときに発見されました。 谷口は2ヶ月後に日本を去ったと信じられている、と日本の新聞は言った 朝日親藩は言った

READ  ラオスは、デジタル通貨の研究のための日本の始まりをリストします