Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

インド太平洋地域の経済的枠組みから誰が恩恵を受けていますか?

米国主導の経済イニシアチブであるインド太平洋経済フレームワーク(IPEF)は、デジタルコマースに重点を置く可能性が高いと、ワシントンの戦略国際問題研究所のScholl InternationalBusinessBoardのシニアアドバイザー兼会長であるWilliamAlanReinschは述べています。 、D.C。。 。

からの質問に返信する 産経新聞 そしてその 日本のストライカー 5月末、ビル・クリントン政権の米国商務省の元高官は、バイデン政権のデータを分析し、「彼らの主な規制の焦点はデジタル商取引にあるようだ」と述べた。

5月23日に東京で発売されました。 IPEF これは、次の4つの柱に基づいています。

  1. コネクテッドエコノミー(貿易)、
  2. 回復力のある経済(サプライチェーン)、
  3. クリーンエコノミー(クリーンエネルギー、脱炭素化、インフラストラクチャー)、および
  4. 公正な経済(課税と腐敗防止)。

バイデン大統領 宣言されたIPEF 5月23日に同時に日本にいた岸田文雄首相とインドのナレンドラ・モディ首相と並んで。

7つのASEAN加盟国を含む12のパートナー国は、発足時に米国との最初のグループの一部でした。 レンチ氏は、米国自体に加えて、「12 [partner] 国々は素晴らしいスタートを切っています。」

後、後 フィジーへようこそ、太平洋の島国数日後、IPEFフォーラムには現在14か国が参加しています。

ウィリアムアランレンチ。

市場アクセスの見通し

ラインシュ氏は、新しい枠組みへの参加のインドの発表についてコメントし、次のように分析しました。歴史的にやりたがらなかったこと。””。

同氏はまた、「インドは、貿易の柱ではなく、商工省が主導する3つの柱のいくつかに加わる可能性が高い」と述べた。

「IPEFは、まさにこの理由で市場アクセス交渉がないことで米国で批判されている」と彼は続けた。

彼は、より大きな市場へのアクセスを求めている中小国は、IPEFの参加から特に恩恵を受けると説明し、「これは他の国にとって魅力的ではなくなるだろう」と付け加えた。

岸田首相は先にバイデン大統領に環太平洋パートナーシップ(TPP)に戻るよう呼びかけた。 ラインシュ氏は、「日本政府は正しいと思う。米国ができる最善のことは、TPPに戻るか、CPTPPに参加することだ」と述べた。 [Comprehensive and Progressive Agreement for Trans-Pacific Partnership).” 

At the same time, he added “I would not rule out the possibility of that happening eventually. But at the present moment, the Biden administration has made clear it does not intend to do that.” 

Reflecting, he noted, “In the short term [the US] 私たちはIPEFに着手し、それがどのように展開するかを待つ必要があります。」

ラインシュ氏は、「日本は近年、この地域の経済問題においてますます指導的役割を果たしており、特に安倍首相のリーダーシップの下でCPTPPをまとめる努力をしている」と述べた。 同氏はまた、「現政権が引き続き主導的な役割を果たすことを楽観視している」と付け加えた。

関連している:

(日本語で記事を読む このリンクで。)

著者:岡田美月

READ  最新ニュースの更新:ユーロ圏のインフレ率は3.4%で13年ぶりの高値に達する