Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

インド太平洋展開を実施するための日本の改造空母

オーストラリア、メルボルン-日本は、最近改造された空母をインド太平洋地域に出荷して毎年配備し、今後4か月間で訓練と地域パートナーとの関係を改善する予定です。

6月13日から10月に駆逐艦JS出雲、JS高波、JSきりさめと共に行われるインド太平洋配備は、2022年の遠征のために無名の潜水艦と共に到着します。 28.ヘリコプターも船で送られます。

国は、川崎P-1海洋パトロール飛行、UP-3D電子情報訓練飛行およびシンメバUS-2アンビエン飛行を含むいくつかの日本の海洋防衛軍の航空機を送ることが期待されています。 航空機が完全な展開のために乗組員に同行するかどうかは明らかではありません。

海軍は、6月のハワイ近郊での国際太平洋演習や9月のオーストラリアでのカカドゥ演習など、多くの海軍演習に参加します。 その他の訓練活動には、米国、韓国、オーストラリアの海軍、太平洋前衛22、インド海軍との合同訓練が含まれます。

インド太平洋展開2022には、オーストラリア、ベトナム、フィリピン、パプアニューギニア、およびさまざまな南太平洋の島々への寄港船が含まれます。

出雲は当初、対潜水艦戦用のヘリコプター駆逐艦として完成しましたが、日本艦とその姉妹船であるガガをF-35B戦闘機に改造し始めました。

出雲の交換の第一段階は、2021年10月に米海兵隊のF-35Bをベースにした出港・着陸試験で完了し、1945年以来日本で初めて固定翼機を運用しました。

変換の次の段階では、船の空軍基地の正面を台形から長方形に再構築し、船の内部空間でのF-35Bの運用に対応するように変更を加えます。 これらの変更により、船の燃料効率が向上し、航空機が発射する武器を保管するための装甲雑誌の可用性が向上します。

日本は現在、F-35の最大の海外顧客であり、42機のF-35B短距離離陸および垂直着陸のバリエーションを含む、合計147機の航空機を計画しています。

Mike Eoは、DefenseNewsのアジア特派員です。 彼は、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で航空宇宙工学の学位を取得する前に、1998年に最初の防衛関連のジャーナル記事を執筆しました。 彼の工学研究に続いて、彼は2013年にフリーランスのセキュリティ特派員になり、いくつかのメディアに寄稿しています。

READ  ベラルーシはウクライナとの戦争をめぐってロシアへの日本の旅行アドバイスを提起する