Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

インド経済は2025年までにそれを上回る見通しで、日本はショックにさらされている

インド経済は2025年までにそれを上回る見通しで、日本はショックにさらされている

国際通貨基金の推計によれば、インドの名目GDPは2025年に日本を追い抜き、世界第4位の経済大国になる可能性が高い。 4月下旬、国際通貨基金は、インドの名目GDPが2025年に4兆3400億ドルに達し、日本のGDP(4兆3100億ドル)を上回るとの見通しを示した。

ドイツは2023年のGDPで日本を追い抜きましたが、インドに抜かれると5位に転落します。 円安の影響もあり、この時期は国際通貨基金の前回予想より1年早い。

経済協力開発機構(OECD)は5月2日に世界経済成長見通しに関する最新報告書を発表し、日本に対する新たな圧力を強めた。

OECDは3.1%と予想していた。 世界的な成長 同氏は今年、米国と中国の経済見通しを上方修正した後、実際に今年の日本の成長率見通しを1%から0.5%に引き下げた。

彼女は、その理由はウクライナ戦争などの地政学的要因によるものだと考えている。 それ 報告書は、戦争がオミクロンの波によってすでに経済活動が制約されていた日本企業のコスト増加につながったと述べている。

日本円をめぐる不安は日本の経済活動と景況感に悪影響を及ぼしている。 これにより、輸入コストが上昇し、輸出が減少した。 データによると、2023年7月の日本の輸出は2年半ぶりに減少した。

日本の財務省のデータによると、7月の日本の輸出は前年同月比0.3%減少した。 日本の最大の貿易相手国である中国からの需要が減少していることも理由の一部だ。 中国経済は需要不足と習主席が輸入品への市場の完全開放に消極的であることから苦しんでいる。

ニティン・ア・ゴカレ WhatsApp チャンネル

S・ジャイシャンカール外務大臣がバイデン大統領に指摘したように、インドの話は全く異なる。 ジャイシャンカール氏は「インド経済は低迷していなかった」と説明したが、これはそうだったという米大統領の発言と矛盾している。

この数字はジャイシャンカール氏の主張を裏付けるものだ。 政府統計によると、インドの成長率は2023年最後の数カ月で8.4%に達し、6─9月に政府が予想していた7.6%を上回った。 その主な理由としては、株式市場の活況、国内消費の堅調、ルピーの安定、輸出の増加などが挙げられます。

モディ首相は2023年8月、インドの明るい経済は困難な経済時代における希望の光であると述べた。

「力強い成長と回復力のある精神により、将来は有望に見えます。この勢いを維持し、1億4000万人のインド人の繁栄を確保しましょう。

(代理店)

READ  高いインフレリスクが日本の投資家を窮地に追い込んでいる