Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

インフレは、スタジオジブリに登場する114年前の最愛の日本のデザートを終わらせています

東京 – 何世代にもわたって愛され、ヒットアニメにも登場するほど想像力に富んだ日本のデザートは、原材料とエネルギー価格の高騰の犠牲となり、最期を迎えることになりました。

東京に本拠を置くサクマシカは水曜日、生産コストの上昇、労働力不足、主力製品であるスクマドロップの売上低迷により、来年1月に廃業すると発表した。

彼らのトレードマークである、赤いスチール製のケースに入ったハードでカラフルなフルーツ ドロップの販売中止は、日本で悲しみを引き起こしました。

「小学校の頃、家にはいつも缶がありました」と、53 歳の菓子店のオーナーである渡辺奈緒は言い、10 円硬貨を使ってキャンディーのふたを開けた方法を思い出しました。 114ジェネラル用。

「それは時代のしるしのように感じます。私が子供の頃に比べて、今ではより多くの選択肢があります」と彼は言いました。

Sacomasica は、ストロベリーやレモンなど 8 種類のフレーバーの製品の価格を何年も上げていないと述べた。 多くの日本企業は、顧客を失うことを恐れて、値上げやより高い投入コストの転嫁にいまだに消極的です.

会社の代表者は、Sakumasica の約 100 人の従業員の将来は依然として不確実であると述べた。 同社はそれ以上のコメントを控えた。

1908 年に菓子職人の佐久間スジローによって設立されたサクマシカは、第二次世界大戦中の空襲でキャンディーを製造し、アニメの巨人スタジオ ジブリに影響を与えて、1988 年の映画「火垂るの墓」で不滅のものにしました。

この映画では、戦争中を舞台に、兄と一緒に生き残るために苦労している孤児の少女が、家が破壊された後、兄弟の数少ない所有物の1つであるスクマドロップの赤い缶を持っています.

READ  Crunchyroll - 日本のボックス オフィス: ソード アート オンライン - プログレッシブ