Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

インフレはほとんどの経済にとって懸念事項ですが、日本では懸念事項ではありません

価格の上昇は、米国やその他の国々で消費者を悩ませ、経済計画立案者を困惑させていますが、インフレの上昇がとらえどころのない目標を証明している日本ではそうではありません。

連邦準備制度や他のほとんどの中央銀行がインフレ抑制モードに移行するにつれ、日本銀行は金曜日に社債の購入を減らすことを選択しましたが、最終的には2%のインフレ目標と経済を指数関数的に成長させる。より速く。

彼女は、コロナウイルスのオミクロン変異体の発生が世界の多くの地域で迫っていても、まだ「重大な不確実性」があったと述べました。

キャピタル・エコノミクスのマルセル・ティリアント氏は、報告書の中で、いつでもこの目標を達成する可能性は「無視できる。その結果、日本銀行は当面の間政策を引き締めない数少ない中央銀行の中に残るだろう」と述べた。

10月のインフレ率は0.1%でした。 不安定な食料とエネルギー価格を除いて、それはマイナスでした。 日本銀行は、3月期のインフレ率は0%になると見込んでいます。

対照的に、米国の消費者物価は過去12か月間で10月に6.2%上昇し、30年間で最大の上昇となりました。

パンデミックの間、連邦準備制度と他の中央銀行は、日本式の金融刺激策を解き放ち、場合によっては金利を記録的な水準まで下げました。 米国や他の経済が改善し始め、物価が上昇している今、FRBや他の中央銀行は景気回復を排除することなくこれを削減しようとしています。

米国のインフレ率は40年間で最高水準に近づき、連邦政府の政策立案者は水曜日に、中央銀行の毎月の債券購入を以前の​​計画の2倍の速さで削減する計画を発表しました。 これにより、2022年前半に利上げを開始する予定です。

木曜日のイングランド銀行は、インフレと戦うために金利を引き上げた主要経済国の中で最初の中央銀行となり、11月までの1年間で5.1%に上昇しました。

一部のアジアの中央銀行はすでに金利を引き上げ始めています。 ニュージーランドは、10月と11月にベンチマーク金利を、過去最低の0.25%から0.75%に引き上げました。

1990年代初頭、バブル崩壊により日本経済は減速し始め、勢いは回復しませんでした。 急速に高齢化する人口が減少している国の成長見通しが暗いことを考えると、企業は雇用、給与の引き上げ、投資に対して警告を発しています。 デフレとの戦い、または価格の下落が優先事項でした。

日本銀行は10年近くの間、世界第3位の経済大国の借入コストをゼロに近づけるために大量の国債やその他の資産を購入しており、理論的には、消費者や企業が将来の価格上昇に打ち勝つためにより多くを費やすように誘惑しています。 。 ベンチマーク金利は何年もの間マイナス0.1%でした。

家賃はまだ約30年前であり、ほとんどの消費財の価格は上昇していますが、他の場所ほどではありません。 賃金が横ばいまたは低水準で税金が上昇しているため、慎重な買い物客はベルトを締める傾向があります。

「日本のインフレはまだ沈黙している」と東京の慶應義塾大学の白井さゆり教授で元日本銀行の政策委員会のメンバーは言う。

小売業者、レストラン、および他の日本企業は、価格に敏感な消費者に高いコストを転嫁することを嫌がっていました。 日本最大級の小売コングロマリットであるイオンは、最近、「日用品の価格が上昇しているときにお客様をサポ​​ートする方法として」、年末まで「価格凍結」を発表しました。

しかし、消費するものの多くを輸入している日本でさえ、世界中の値上げの影響を完全に受けているわけではなく、他の場所で消費者が支払う高額な費用の一部は追いつくのが遅いかもしれません。

卸売物価上昇率は10月に8%で40年ぶりの高値を記録しました。 製造業者と農民は、特に燃料のコスト上昇の圧力を感じています。

ガソリンやその他の燃料、電気、ガスのコストは上昇していました。 一部の食品ブランドは、小麦、ジャガイモ、その他の商品の輸入コストの上昇を相殺するために、来年価格を引き上げる計画を発表しました。

キャピタル・エコノミクスのトム・リアマス氏は、自動車メーカーが部品不足のために生産を削減したため、自動車価格が高騰したと報告書で述べた。 彼は、来年のインフレ率は1.3%に達すると予測しましたが、その後は緩和されます。

次に、世界の他の場所でデフレとして知られている「隠れたインフレ」があります。この場合、メーカーは同じ製品(キャンディーバー、弁当、ティッシュ、おにぎりなど)を同じ価格で販売することで、利益率を高めます。彼らはしばしば、小さな部分がより便利であり、日本の高齢の消費者に高く評価されていると主張します。

白井氏はまた、特に今年のモバイル料金引き下げの影響が来年4月までになくなると、インフレがいくらか上昇すると予想している。

「しかし、2%のインフレを見るのは難しい」と白井氏は語った。 「日本の消費は依然として弱く、企業はこれらのコストを小売価格で完全に転嫁することができません。」

READ  コメント:日本はいつまで外国人に閉ざされ続けることができますか?