Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

インフレはほとんどの経済を心配しますが、日本は心配しません

価格の上昇は、米国や他の国々の消費者を追い詰め、経済計画者を混乱させていますが、日本ではそうではなく、インフレを誘発することはとらえどころのない目標であることが証明されています。

連邦準備制度や他の中央銀行がインフレとの闘いに移行する中、日本銀行は金曜日に社債の購入をエピデミック前の水準まで測定すると発表した。 しかし、最終的にはとらえどころのない2%のインフレ目標を達成し、経済がより速く成長することを期待して、経済に数十億ドルを注ぎ続けます。

コロナウイルスのオミグラン変異体の発生が世界の多くの地域で発生しているため、「極度の不確実性」が続いていると同氏は述べた。

キャピタルエコノミーのマルセル・ディリアント氏は声明のなかで、いつでもその目標を達成する可能性は「スリム」になるだろうと述べた。 「その結果、日本銀行は、今後も政策を引き締めない数少ない中央銀行の1つであり続けるでしょう。」

10月のインフレ率は0.1%でした。 不安定な食料とエネルギー価格を除いて、それはマイナスでした。 日銀は3月期のインフレ率を0%と予測しています。

対照的に、米国の消費者物価は過去12か月間で10月に6.2%上昇し、30年間で最高となった。

エピデミックの間、連邦準備制度と日本のような他の中央銀行は、場合によっては金利を記録して、金銭的インセンティブの弾幕を解き放ちました。 米国や他の経済が安定し、物価が上昇している今、連邦準備制度や他の中央銀行は、景気回復を妨げることなくそれを減らすために動いています。

米国のインフレ率が40年ぶりの高値に近づくにつれ、中央銀行の政策立案者は水曜日に、中央銀行の毎月の債券購入を以前の​​計画の2倍の速さで削減する計画を発表しました。 これにより、2022年前半に金利を引き上げる軌道に乗った。

木曜日に、イングランド銀行は、11月までの1年間で5.1%の高インフレと戦うために金利を引き上げた主要経済国の中で最初の中央銀行になりました。

一部のアジアの中央銀行はすでに金利を引き上げ始めています。 ニュージーランドは、ベンチマーク金利を10月に0.25%から0.75%に引き上げ、その後11月に引き上げました。

日本経済は1990年代初頭のバブル崩壊からゆっくりと始まり、勢いを取り戻すことはできませんでした。 企業は、急速に高齢化する人口が減少している国の暗い成長見通しを考慮して、雇用、賃金の引き上げ、または投資に警戒しています。 優先事項は、インフレや価格の下落と戦うことです。

日本銀行は10年近くにわたり、世界第3位の経済大国で借入コストをゼロに近づけ、理論的には消費者や企業に将来に対抗するためにより多くの支出を強いるために、大量の政府証券やその他の資産を購入してきました。インフレーション。 長年の元本金利はマイナス0.1%です。

家賃は30年近く前と同じで、ほとんどの消費財の価格は上がっていますが、他の場所では上がっていません。 賃金が均等に下がったり、下がったり、税金が上がったりする中、店主は慎重にベルトを締めようとしました。

東京の京大学教授で元日本銀行の政策委員会の白井さゆり氏は、「日本のインフレは穏やかだ。

日本の小売業者、レストラン、その他の企業は、価格に敏感な消費者に高額の費用を転嫁することを嫌います。 日本最大級の小売業者であるイオンは、最近、「日常のニーズに応じて価格が上昇しているときにお客様をサポ​​ートする方法として」、年末まで「価格凍結」を発表しました。

しかし、消費の大部分を輸入している日本でさえ、世界中の価格上昇から完全に解放されているわけではなく、他の場所で消費者が支払う高いコストの一部に追いつくのが遅いかもしれません。

卸売物価上昇率は10月に8%の40年の最高に上昇しました。 特に製造業者や農民は、燃料価格の高騰によりピンチを感じています。

ガソリンやその他の燃料、電気、ガスの価格は上昇しています。 一部の食品ブランドは、輸入小麦、ジャガイモ、その他の製品の価格上昇を相殺するために、来年価格を引き上げる予定です。

キャピタル・エコノミクスのトム・リアマス氏は声明のなかで、自動車メーカーが部品不足のために減産したため、自動車価格が上昇したと述べた。 彼は、来年のインフレ率は1.3%になると予測しましたが、それ以降は低下すると予測しました。

世界の他の場所では、「インフレを盗む」は抽象化と呼ばれます。これは、メーカーが同じアイテム(キャンディーバー、お弁当、ティッシュ、おにぎりなど)を同じ価格で販売することで、利益率を下げるためです。 日本の高齢の消費者は、ごく一部がより関連性が高く、高く評価されているとよく言われます。

白井氏はまた、特に今年の携帯電話料金引き下げの影響が来年4月までになくなると、インフレがいくらか上昇すると予想している。

「しかし、2%のインフレを見るのは難しい」と白井氏は語った。 「日本の消費は弱く、企業は小売でそれらの費用を全額支払う余裕がありません。」

READ  ソフトバンクのCEOは、ワクチンをキャッチするための日本のレースでオリンピックを非難します