Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

インフレ統計に先立って株価は上昇し、ドルは下落している

インフレ統計に先立って株価は上昇し、ドルは下落している

ロンドン(ロイター) – 連邦準備理事会(FRB)の利上げ早期終了を裏付ける可能性のある米国のインフレ統計を前に、火曜日には世界的に株が上昇し、ドルが下落した一方、中国が経済成長を下支えするとの見通しが原油や銅などの一次産品価格の押し上げに貢献した。 。

市場は物価圧力の緩和が続くかどうかを見極めるため、水曜日の米国のインフレ統計を待っており、金利見通しの手がかりとなる可能性がある。

MSCIオールワールド指数 (.MIWD00000PUS) は欧州株の上昇に支えられ0.3%上昇し、STOXX 600指数 (.STOXX) は序盤の取引で0.35%上昇し、欧州株への支持拡大を受けてアジアの中国株にも支えられた。 。 不動産部門。

米国株価指数先物は0.1─0.2%上昇し、寄り付きの鐘で小幅な上昇を示した。

投資家は月曜、インフレ水準は追加利上げを正当化するが、中銀は現在の金融引き締めサイクルの終わりに近づいていると述べた複数の連邦準備理事会当局者の発言を消化していた。

ロイターがまとめたエコノミストらは、消費者物価指数が5月に4%上昇した後、6月は3.1%上昇すると予想していた。 これは2021年3月以来の最低水準となる。3カ月目の基準金利は5.3%から5%に低下すると予想されているが、それでもFRBの目標である2%の2倍以上である。

先週の雇用統計では、先月の非農業部門雇用者数に追加される雇用者数が予想を大幅に下回ったことが示され、米ドル売りの波が広がったが、金利期待の方向性を変えるにはほとんど役立たなかった。

OANDAの市場アナリスト、クレイグ・アーラム氏は「(市場の)動き、特に雇用統計とインフレ率が非常に接近している場合には、割り引いて受け止める」と述べた。

同氏は「7月会合に向けて今日遅くに発表される明日のインフレ統計に注目が集まっている。今回の上昇は基本的にタイトで、状況を変えるにはインフレ面で何か非常に弱いことが必要だろう」と述べた。

経済インフレ

シャイニードル

他の6通貨に対する米ドルのパフォーマンスを示すドル指数はこの日0.2%下落し、米国債利回りの低下と歩調を合わせて2カ月ぶりの安値付近となった。

指標となる10年債利回りは前日に4%を割り込んだ後、4ベーシスポイント低下し3.964%となった。

ドイツ銀行のストラテジスト、ジム・リード氏は「短期的に反インフレ傾向を示す証拠は増えているが、インフレが中期的に不快なほど高い水準で続くかどうかについては疑問が残る」と述べた。

日本円は対ドルで1カ月ぶりの高値まで上昇し、米国債利回りの低下に追随してこの日0.6%安の140.51ドルとなった。

一方、広範な中国経済の強化の見通しは、原油や銅や鉄鉱石などの他の工業商品の価格を押し上げるのに役立っている。

中国の規制当局は月曜日、苦境に陥っている不動産セクターの流動性を強化するために11月に導入された救済策の一部政策を延長した。

ブレント原油は18カ月ぶりの安値からなかなか戻せず、0.4%上昇して1バレル=78ドル、米国先物は0.5%上昇して73.35ドルとなった。

ロンドン金属取引所では銅が0.5%上昇し、1トンあたり約8万4000ドルで取引された。 中国からの不安定な需要が主な原因で、価格は2018年以来初の年間損失に向かいつつある。

今週第2・四半期決算が発表され、JPモルガン(JPM.N)、シティグループ(CN)、ウェルズ・ファーゴ(WFC.N)などウォール街の大手金融機関の決算が発表される予定だ。

リフィニティブのIBESデータによると、アナリストらは第2・四半期の利益が前年同期比6.4%縮小すると予想している。

香港のJulie Zhouによる追加レポート。 編集:サム・ホームズ、ジェイミー・フリード、デヴィッド・エヴァンス

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  チャイナインクの新たな不明確な拡大