Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

インベスター3D、サッポロホールディングスの社外取締役に事業の見直しを求める

東京(ロイター)-シンガポールに本拠を置くファンド3Dインベストメントパートナーズは、サッポロホールディングスの社外取締役を求めました。 (2501トン) ロイターが確認した書簡によると、日本のビール醸造所の再生計画の再評価を主導する。

ファンドは 11 月 3 日付の書簡で、3D の価値向上計画に関する外部マネージャーからの 10 月 28 日の回答に「非常に失望している」と述べた。 監督の反応がどうなるかはすぐには明らかにならず、元の 3D 提案の詳細はすぐにはわかりませんでした。

ファンドは、社外取締役5人に対し、水曜日に予定されていた新事業計画の発表を延期するなどの要請を行った。

3D インベストメント パートナーズとサッポロ ホールディングスはこの報道についてコメントを控えた。

ファンドは、サッポロホールディングスが過去15年間売上高目標を達成できず、過去5年間の平均株主資本利益率(ROE)が2%であり、ライバルのキリンホールディングスを大きく下回っていると指摘した. (2503T) 14%とアサヒホールディングスグループ (2502トン) 11%、日経は以前に報告した。

サッポロ ホールディングスは、2007 年に米国を拠点とするファンド活動家スチール パートナーズによる買収提案の対象となり、業績不振のユニットを売却し、保有する不動産の管理を改善するよう求められました。

買収は失敗し、Steel Partners は 2010 年に札幌の残りの株式のほとんどを売却した。

サッポロホールディングスの株式は、東京取引の朝のセッションで0.2%上昇し、キリンが1.7%上昇し、アサヒが提供した1.9%の上昇を引きずりました。

(チャンラン・キム、ロッキー・スウィフト、ミコ・ヤマザキによる追加レポート) クリスチャン・シュモリンガーとケネス・マクスウェルによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  日本は個人投資家に税金を上げるべきではない