Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

イーロン・マスク氏が9年ぶりに来日

イーロン・マスク氏が9年ぶりに来日

イーロン・マスク氏が9年ぶりの訪問として日本に到着した。

テスラとスペースXの最高経営責任者(CEO)は木曜日午後8時半ごろ、X(旧ツイッター)に「素晴らしい」日本に到着したと投稿した。

世界の大富豪が最後にこの島国を訪れたのは2014年で、米国に電池工場を建設するパナソニックホールディングスとの合意をまとめるためだった。

金曜日の朝、彼は東京のチームラボプラネッツでのインタラクティブアートインスタレーションの短いビデオを投稿した。

マスク氏のアジア訪問は、3年前に初めて中国を訪問して以来、今年2回目となる。 滞在中、彼は政府高官らと会い、上海にあるテスラの工場を深夜に訪問した。

日本の最大手の自動車メーカーは、電動化の追求において、テスラや中国のBYDのようなニッチな電気自動車メーカーに後れを取っている。 世界最大の自動車メーカーであるトヨタは、2026年までにバッテリーEVを年間1.5台販売すると約束している。テスラは今年上半期に約89万台の車両を納入した。

しかし、テスラが主要市場で価格を引き下げたため、この成長には代償が伴う。 マスク氏は先月、金利が上昇し続ければ自動車メーカーは値下げを続けると述べた。 テスラは今週中国で2度値下げし、世界最大の自動車市場で価格戦争が再燃するのではないかとの懸念が高まっている。

READ  日本は、炭素を削減するためにクリーンな原子力エネルギーを推進する計画を承認します