Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ウォール街が前進、CPI報告を前にドル安

ウォール街が前進、CPI報告を前にドル安

ニューヨーク(ロイター) – 投資家が水曜発表のインフレ統計を待つ一方、日銀がマイナスデフレ時代の終焉に向けて動き出す可能性を示唆したため、月曜日の米国株は上昇し、ドルは下落して取引を終えた。 関心度。

ハイテク企業が大半を占めるナスダック指数は1.1%上昇し、米国株の上昇を主導し、電気自動車メーカーのテスラとアマゾン・ドット・コムが上昇傾向に最大の押し上げとなった。

S&P500種とダウジョーンズはそれぞれ0.7%、0.3%上昇した。

今週の比較的弱い取引は、水曜日の重要な消費者物価統計が重要であるため、今週の米国経済指標の嵐の前の静けさのように見えました。

CFRAリサーチ(ニューヨーク)のチーフ投資ストラテジスト、サム・ストーバル氏は「FOMCを前に方向性の風もなく、我々は窮地に立たされている」と述べた。 「今日市場を動かしているのは、今週後半に起こるかもしれないことへの期待だ。」

ストーバル氏は「投資家は水曜日のCPI報告にどう反応するかに注目している」と付け加えた。

アナリストらは先月、原油価格の上昇によりインフレ率が上昇したと予想している。 変動の激しい食品とエネルギー価格を除く中核指標は前年比で減少すると予想されている。

今後のCPI統計は市場参加者に8月のインフレ状況を把握させるとともに、米連邦準備理事会(FRB)の制限的な政策サイクルの期間についてある程度の解明をもたらす可能性がある。

経済インフレ

FRBは追加利上げの可能性を残したまま、経済指標に柔軟に対応し続けると約束した。

CMEのフェドウォッチツールによると、金融市場は9月19─20日の金融政策決定会合の終了時に実質的に金利を一時停止したが、その後は今後の方向性が不透明になるという。

また、日本銀行の上田和夫総裁のコメントは、日本がマイナス金利時代から脱却し始める可能性を高めた。

ダウ工業株30種平均は87.32ポイント(0.25%)上昇の34,663.91、S&P500指数は30.01ポイント(0.67%)上昇の4,487.5、ナスダック総合指数は156.37ポイント(0.67%)上昇した。 1.14%から13917.89。

投資家が米国の消費者物価指数(CPI)の統計と週後半に予想される欧州中央銀行の政策決定に向けて身構えたため、欧州株式は鉱山株の上昇に牽引され上昇して取引を終えた。

欧州STOXX600指数(.STOXX)は0.34%上昇、MSCI世界株価指数(.MIWD00000PUS)は0.68%上昇した。

新興国株は0.51%上昇した。 MSCIの日本国外のアジア太平洋株の最も幅広い指数(.MIAPJ0000PUS)は0.4%高で終了したが、日本の日経平均株価(.N225)は0.43%下落した。

英ポンドが先週の3カ月ぶり安値からの回復を続け、ユーロが上昇したため、ドルは世界通貨バスケットに対して強さを失った。 上田氏の発言を受けて円は対ドルで上昇した。

ドル指数 (.DXY) は0.52%下落し、ユーロは0.45%上昇し1.0747ドルとなった。

日本円は対ドルで0.87%上昇し1ドル=146.55ドル、英ポンドは日中0.36%上昇の1.2509ドルで取引された。

CPI統計を期待して米国債利回りは上昇した。

指標となる10年債の利回りは金曜日遅くの4.256%から8/32下落し、4.288%となった。

30年債の利回りは金曜終盤の4.332%から23/32下落し、4.3753%となった。

原油価格は安定し、ブレント原油はロシアとサウジの新たな減産を受けて先週付けた10カ月ぶりの高水準となる1バレル=90ドルを超えた。

この日、米国産原油は0.25%下落して1バレル当たり87.29ドルで決済され、一方ブレント原油は0.01%下落して1バレル当たり90.64ドルで決済された。

金価格は対ドルで若干上昇した。

スポット取引の金は0.2%上昇し、1オンスあたり1,921.98ドルとなった。

スティーブン・コルブ氏が報告する。 ロンドンのアマンダ・クーパーによる追加レポート。 編集:ウィリアム・マクリーン、アンガス・マクスワン、デバ・バビントン

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権の取得、新しいタブが開きます
READ  マクマスター知事とその他の関係者がフィレンツェに日本の電池工場の礎石を築く