Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ウォール街はインフレデータの前に安定を示し、連邦準備制度理事会は週後半に

  • 原油価格とドル安
  • ウォール街は堅実なスタートを切っています
  • 火曜日に米国のCPI、水曜日にFRBの会合
  • 欧州中央銀行、木曜日のイングランド銀行の金利決定

[ロンドン 28日 ロイター] – 投資家は、これまでの借り入れコストの大幅な上昇ペースを加速させることを期待して、今年の大西洋を越えた3つの中央銀行による今年の最終ラウンドの利上げに備え、世界の株式、石油、ドルが月曜日に下落した。 . 薄毛の兆候は最終的に現れます。

S&P 500 と Nasdaq 先物は以前の損失を回復して上昇し、ウォール街での安定したスタートを示し、ヨーロッパの指数が小幅な損失を縮小するのを助けました。

世界的な経済の弱さが、米国に供給している大規模なパイプラインの閉鎖による供給の減少とロシアの減産の脅威を補ったため、原油価格は数週間の下落を深めるために早期の上昇をあきらめました。

ドルは弱含み、前月の米国の卸売物価上昇率が予想を上回ったことを示す先週のデータにより、ドルの損失は抑えられ、連邦準備制度理事会が金利をしばらくの間高く維持しなければならない可能性があるという見方が強まりました。

11 月の米国消費者物価指数は火曜日に発表され、年間コア インフレ率の減速が予想されます。

ING銀行は、「今週のイベントの多いイベントリスクアジェンダは、2023年のコアテーマを設定するだろう.

INGは、市場のコンセンサスはインフレ率の上昇が長期化するリスクを「過小評価」し続けており、来年下半期の利下げに関するFRBの「深刻な第二の推測」について述べた。

すべての国の株価指数 MSCI (.MIWD00000PUS) ベンチマークは今年これまでに約 18% 下落し、2021 年に得られたすべての利益を打ち消したため、0.2% 下落しました。

欧州ではストックス指数 (.STOXX) 600社から0.6%減少。

エコノミストは、連邦準備制度理事会が水曜日に、欧州中央銀行とイングランド銀行が木曜日に金利を 50 ベーシス ポイント引き上げると予想していますが、最近の会合で見られた 75 ベーシス ポイントの利上げからはまだ減速しています。

投資銀行ベアードの株式担当バイスプレジデント、パトリック・スペンサー氏は、中央銀行は今週、より軟調なスタンスを取り始めるだろうと述べたが、火曜日のCPIデータは決定的なものになるだろう.

「今年最後の重要な週です。今週以降、本当の触媒はありません。CPI がこもった数字である場合、私たちはレースに参加しており、年末のラリーを開始するでしょう」とスペンサー氏は述べています。言った。

スペンサー氏によると、CPIに関係なく、今年は原油価格が下落し、鉄鉱石、木材、住宅価格も下落しており、デフレ圧力が高まっているという。

スペンサー氏は、「景気後退の話はすべて、それは確かに価格にあると思います。それは市場にあります。景気後退の鍵は一般的に雇用であり、雇用は人々が与えるよりも強くなると思います。の功績です。

アジア株が下落

アジアでは、日本以外のアジア太平洋株式の MSCI の最も広範なインデックス (.MIAPJ0000PUS) それは1.2%下落し、コロナウイルス政策が解体され、中国が最終的に経済を開放しているという楽観主義に起因する前週の利益のほとんどを消し去った.

日本日経指数 (.N225) 0.2%減。

中国チャート (.CSI300) 香港のハンセンは 1.1% 下落しました。 (.HSI) 投資家の関心がCOVID-19による制限から、現在経済を麻痺させている感染の急増に移ったため、2.2%下落しました。

FRBは水曜日の2022年の最終会合で金利を50ベーシスポイント引き上げると広く予想されていますが、焦点は中央銀行の最新の経済見通しとFRB議長のジェローム・パウエルの記者会見にもあります。

「また、ジェイ・パウエルが2月から25ベーシスポイントの歩行ペースの減速への扉を開くかどうかも理解したいと考えています。これもまた、市場の価格設定と一致していますが、ハイキングサイクルの終わりに近づいているためと見なすことができます。それは研究だ」と研究責任者のクリス・ウェストン氏は語った。

ナットウェストの首席米国エコノミスト、ケビン・カミンズ氏は、11月の消費者物価指数が発表されたとしても、FRBが50ベーシスポイントの利上げを思いとどまらせる可能性は低いと述べた. 陰謀。

通貨市場では、ドルは 0.295% 下落して 104.74 となりましたが、先週の 5 か月ぶりの安値である 104.1 からそれほど離れていませんでした。

ポンドは0.2%高の1.2295ドル。

国債利回りは、月曜日にほぼ横ばいのままでした。 ベンチマークとなる 10 年国債の利回りは、米国の終値 3.5670% から 3.5342% に低下しました。 2 年物利回りは 4.3273% に達し、米国終値の 4.330% からわずかに低下しました。

ブレント原油先物は 0.7% 下落して 1 バレル 75.58 ドルとなり、米国西部テキサス州中部原油は 0.4% 下落して 1 バレル 70.72 ドルを記録しました。

スポット金は0.3%下落し、1オンスあたり1,792ドルになりました。

ヒュー・ジョーンズによる報告、ブラッドリー・ペレット、サム・ホームズ、デビッド・エヴァンス、スーザン・フェントンによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  Euromonitor が 2023 年の世界の消費者動向トップ 10 を発表