Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ウクライナの漫画家が戦争中の生活を再訪

ロシア軍がウクライナを砲撃し始めると、若い漫画家は彼のスキルを使って日常生活がどのようなものかを示すことにしました。 彼の作品は、日本の出版社をはじめ、世界中のマンガファンの注目を集めています。

さやかあかりは、ロシアの侵略が始まってから数日後の2月下旬に漫画をオンラインで投稿し始めました。

「戦争があったとしても、何かをするのは良いことだと思う」と16歳のウクライナ人はNHKに語った。

あかりは漫画家のニックネームであり、彼が描くキャラクターの名前です。 コミックは彼自身の人生に基づいています。 時にはそれは空襲警報に対応することを意味します。 また、髪の毛を整えたり、オンラインで買い物をしたりすることもあります。

あかりは日本語で「明るさ」を意味します。 アーティストは、自分のストーリーが困難な時期に幸せをもたらすことを望んでいると述べています。「多くの読者に幸せを送りたい」。

放課後に働く若い漫画家。 彼女はマンガを読んだりアニメを見たりするのが好きです。

侵略の別の見方

戦争の最中に人々を笑わせるのは簡単なことではありません。 ロシアが侵略したとき、彼の地図のいくつかは劇的に変化しました。 彼女の漫画は彼女の実生活のようで、彼女は突然防空壕に急いで行き、家にバリケードを建てます。

しかし、彼はニュースには見られない物語を共有したかった-死と破壊の陰で正常な感覚を維持しようとしている普通の人々のスナップショット。

「このような不快な出来事の間、私たちは常に問題に焦点を合わせる必要はないと思います」と彼は言います。 「私たちは自分の気をそらそうとすることができます。」

日本からの支援

あかりの夢は、日本で漫画家として働くことです。 去年の夏、彼は作品の一部を東京の漫画出版社に送った。 編集スタッフは、提案を提供し、彼のスキルを向上させるのを手伝うことで対応しました。

侵略後、編集チームはあかりの漫画を日本語に翻訳することにしました。

「マンガは私を目覚めさせました」とチームリーダーの川田陽二郎は言います。 「戦時でも日常生活ができることに気づきました。読者の皆さんにも知っておくべきことだと思いました。」 彼のチームは、日本でマンガ家になるというあかりの野心をサポートすることを決定したと彼は言います。

6月、彼の会社BookLiveは、翻訳されたマンガを電子書籍として提供し始めました。 収益(出版費用を差し引いたもの)は、ウクライナの人々を支援するために国連難民庁に送られます。

彼の作品が日本で出版されるのを見るのは「特別な機会と夢が叶う」とあかりは言う。

ウクライナの漫画家、さやかあかりの「あかりさんのウクライナでの生活」が6月に電子出版されました。

あかりは、ウクライナ人は戦争の侵入なしにすぐに生き返ることができるだろうと言いますが、彼の仕事がその間にいくらかの安堵をもたらすならば、彼は幸せであると言います。 「あきらめないようにするので、笑わせることがとても大事だと思います。」

READ  イーロン・マスクは、日本はいつか消えると言います。 これは投資家にとっての問題です