Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ウクライナ危機の中で、日本で世界最大の金塊の価値が高まった

世界最大の金塊の価値は、ウクライナの危機が不安定さを引き起こし、商品価格が高騰したため、22億円(1,710万ドル)に上昇しました。これは、日本の中心的なテーマが最初に登場したときの5倍です。 2005年の公園。

250キログラムの金塊が静岡県いすずのおもちゃの金鉱テーマパークに展示されています。 金塊は2005年に公園運営者の親会社によって溶かされ、ギネスブックは同じ年に世界最大を認定しました。

提供された写真は、静岡県いすゞのおもちゃ金鉱山テーマパークに展示されている世界最大の金鉱を示しています。 (写真提供:おもちゃの金鉱)(京都)

2005年7月に4億円で公開されました。

水曜日の時点で、1グラムの金の価値は税込みで8,969円でした。

金は一般的に危機の際の富の安全な避難所と見なされており、コロナウイルスの流行とロシアのウクライナ戦争の不安定さの中でその価値が高まっています。

世界的に取引されている金属の国際指数である米ドルに対する最近の円安により、バー値は上昇しました。

1965年に採掘を終了した土井金鉱山は、日本で最も生産性の高い鉱山の1つです。

前のサイトのテーマパークは、訪問者に鉱山の歴史を紹介し、訪問者にその鉱山や金の鍋を探索する機会を与えています。

訪問者は、アクリルの陳列ボックスの穴からバーに触れることができます。 公園はソーシャルメディア広告の価値の高まりを捉えており、バーに触れることで訪問者の経済的財産が増えると述べています。

公園関係者の極部あゆみ氏は、「価格がどれだけ上がるかはわからない。近いうちに、世界がより安定した場所になることを望んでいる」と語った。

READ  コビット規則を除いて国際的な学者を雇うための日本研究所