Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ウクライナ戦争の最新ニュース:ラブロフはNATOがロシアと代理戦争をしていると言います

ウクライナ戦争の最新ニュース:ラブロフはNATOがロシアと代理戦争をしていると言います

ラブロフはまた、紛争が核兵器にエスカレートする可能性があることを認めたが、和平協定の見通しについても希望に満ちたメモを発した。

彼は月曜日にロシアのチャンネル1に話し、モスクワはそのような紛争の「人為的な」増加したリスクを避けたいと言った。

「これは私たちがすべてを構築するための私たちの主要な立場です。今や賭け金は高くなっています」とラブロフは言いました。

「私はこれらのリスクを人為的に増やしたくありません。多くの人が望んでいます。リスクは深刻で現実的であり、過小評価してはなりません。」

ラブロフはまた、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領が交渉の「ふりをしている」と非難し、彼を「善良な俳優」と呼んだ。

「彼の言うことを注意深く見て、注意深く読むと、何千もの矛盾が見つかるだろう」とロシアのトップ外交官は言った。

外相は先週、モスクワは核戦争を回避することを約束したと述べた。

月曜日に、ウクライナのドミトロ・クレーバ外相は、ラブロフの最近のコメントは、ロシアが「ウクライナを支援することから世界を脅かすという最後の希望」を失ったことの合図であるとツイートした。

「第三次世界大戦からの「本当の」危険についてのそのような話。それは、モスクワがウクライナで敗北したと感じていることを意味している」と彼はツイッターに書いた。

2月24日に侵攻が始まってから数日後、ロシアのウラジーミルプチン大統領は核軍に警戒するよう命じました。

米国とそのNATOの同盟国は、第三次世界大戦の危険を回避するために、ウクライナへの直接の軍事介入を望んでいないと述べています。

READ  ドナルド・トランプ氏、2024 年の大統領選に立候補する可能性をほのめかし、「もう一度やらなければならないかもしれない」と述べた | 米国のニュース