Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ウクライナ戦争:フランス人ジャーナリスト、バフムット近郊で殺害

ウクライナ戦争:フランス人ジャーナリスト、バフムット近郊で殺害

  • アントワネット・ラドフォード著
  • BBCのニュース

画像ソース、 ゲッティイメージズ

32歳のフランス人ジャーナリストがウクライナ東部の戦闘地域から取材中に殺害された。

AFP通信社に勤めるアルマン・ソルディン氏は火曜日、バクムット西方のチャセブ・ヤル近郊でロケット弾の攻撃を受けて死亡した。

ジャーナリストのチームは16時30分(グリニッジ標準時13時30分)頃、ウクライナ軍兵士のグループとともに襲撃された。

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、戦争の最前線でのソルディン氏の功績を称賛した。

「私たちは彼の愛する人たちや同僚の痛みを共有しています」と彼はツイートで書いた。

AFP通信のファブリス・フリース局長は、ソルディン氏の死に通信社は「打ちのめされている」と述べ、「ウクライナ紛争を取材するジャーナリストが日々直面しているリスクと危険を痛切に思い出させた」と述べた。

同庁のヨーロッパ担当ディレクター、クリスティーン・ブハガー氏は、ソルディン氏が「熱意があり、精力的で勇気があった」と振り返り、「自分の技術に完全に専念していた」と語った。

政治的スペクトルを超えた議員がフランス国会に立ち、ソルダン氏に敬意を表した。

彼は、昨年2月のロシア侵攻後にウクライナに赴いたフィリピン軍の最初のチームの一員で、9月からウクライナに住んでいる。

ウクライナ国防省はソルディンさんの家族や同僚に「心からのお悔やみ」を表明し、「彼は真実を世界に知らせることに人生を捧げた。彼の功績と大義は生き続けるだろう」と述べた。

ホワイトハウスも追悼の意を表し、「ロシア侵略の恐ろしさを強調しながら」命を落としたジャーナリストたちに世界は「責任がある」と述べた。

ジャーナリスト保護委員会によると、ボスニア生まれのソルディン氏は、2022年2月以降、ウクライナ戦争の取材中に殺害された15人目のジャーナリストとなる。

少なくとも他の2人のフランス人ジャーナリスト、ピエール・ザクレフスキーとフレデリック・ルクレール・イムホフが紛争の取材中に殺害された。

バフムートはウクライナ東部で数カ月にわたり戦闘の中心地となっている。

READ  ウクライナで民間人を殺害したとして非難されたワグナーグループの戦闘機とされる| ウクライナ