Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ウクライナ戦争: ヘルソン刑務所の恐怖が展開する世界のニュース

門が揺れ、蝶番に不吉なきしみ音がする。

ヴァレリーがロシア人が彼を連れて行った刑務所に戻ったのはこれが初めてです。

門をくぐりながら、自分が閉じ込められていた二階のダンジョンを指さした。

彼がここで何が起こったのかを話すと、それがつらい経験であることが明らかになります。

ウクライナの最近の戦争 – プーチン大統領「戦争を批判する市民のパスポートを剥奪」

写真:
ヴァレリーは、ロシア人が彼を連れて行った刑務所をスカイニュースに見せます

「20 の監房には 180 人以上の囚人がおり、毎日拷問を受けていました。

「刑務所に行って、彼らが壁に何を書いているかを見れば、彼らがどれだけ私たちを憎んでいるかがわかります。」

ヴァレリーは、工場からトラックを盗んだ兵士に抵抗して逮捕されるまで、ビジネスマンとして成功していました。

しかし、ロシア人が知らなかったのは、彼のオフィスを略奪して車を走らせたときに、彼らの犯罪が CCTV に記録されていたということでした。

写真:
CCTV の画像は、ロシアの兵士がヴァレリーの職場から盗んでいる様子を示しています

彼は携帯で写真を見せてくれた。 兵士たちがバッグに貴重品やコンピューター機器を詰めている様子がはっきりと見えます。

彼らが去ったとき、彼らはすべてを壊しました。

すべての写真には日付が付けられています。侵攻直後の 3 月にヘルソン市が占領されたときのことです。

刑務所の壁には「ゼレンスキーが来る」という言葉が書かれている。

しかし驚くべきことに、ヴァレリーは自分自身を幸運だと考えていると彼は言います。

彼らはひどい拷問を受けました.感電死しました.彼らは水中で人々を窒息死させました.彼らは人々を切りつけました.彼らは私には誰もできないことをしていました.私たちはウクライナができるだけ早くヘルソンに戻ることを祈っていました.可能。

「許してください。これは私には難しいです。難しい、非常に難しいです。許してください。」

ロシアの占領中にこの建物で何が起こったのかは、明るみに出始めたばかりです.

隣の建物のアンドレはヴァレリーに、住人にも叫び声が聞こえると語った。

「私はすべてを聞いた、それは恐ろしいものでした。

「彼らはここで少女たちをレイプしていました。それから彼らは男たちをここに連れてきて、彼らを殴り殺しました。」

写真:
電子機器の充電の順番を待つヘルソンの人々

ロシア占領の痛みはどこにでもあります – これはまだ集合的なトラウマと折り合いをつけようとしている都市です.

毎日水の列が長くなり、厳しい寒さの中で待っていた。

強度が出にくい。

クリックして、ポッドキャストを入手できる場所ならどこでもウクライナ戦争日記を購読してください

人々は発電機の周りに群がり、携帯電話や懐中電灯を充電します。

その中には、ここで 3 時間待っているリサもいます。

写真:
リサは水とエネルギーを求めて毎日並んでいます

それは彼女の日課の一部になっていますが、彼女は心配しています。

「左岸から砲撃があるかもしれません。私たちはそれについて警告されました。避難所を見つける必要があると言われました。そうでない場合は、少なくとも家の安全な場所に隠れるようにしてください。」

解放感に酔いしれる雰囲気は今でも感じられますが、人々は疲れ果て、次に何が起こるかを恐れています。

READ  世論を誤解させているとして石油大手を非難した後、各国政府は行動を起こすよう求められた