Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ウクライナ捕虜は恩赦ではなく復讐を求めて最前線に群がる

ウクライナ捕虜は恩赦ではなく復讐を求めて最前線に群がる

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は先月、軍の士気を高めるためにより多くの人員が必要だと述べた。

同氏は次のように述べた。「我々は大量の予備を準備する必要がある」 [brigades] 空の。”

ウクライナ兵士の多くは、復員の可能性がないまま2年以上戦い続けている。

「選手たちが自然に交代できるようにする必要がある。そうすれば選手たちの士気が向上するだろう」とジエリンスキー監督は語った。

キエフは最近、数十万人の追加兵士を動員しようと草案法を厳格化したが、そのプロセスには何か月もかかる可能性がある。

その間、旅団は囚人の逮捕に熱心に取り組んでいる。

デニス・マレフスカ法務大臣は先月、「軍司令官の間で任命を巡って競争が起きている」と述べた。 [prisoners] 労働力が不足しているため、彼らはこれらの人々に手を差し伸べたいと切望しているからです。

全国合計で5,000人近くの囚人がこの計画の一環として志願したと言われている。 同大臣は以前、合計1万人から2万人の囚人が参加すると予想していると述べた。

ボランティアたちはテレグラフ紙に対し、愛国心や復讐心、心機一転して罪と罰のサイクルに終止符を打つ機会など、さまざまな動機が動機だったと語った。

オレクサンドル氏は、刑期があと3か月で終わるにもかかわらず、決断を下した。

「3か月後には自由になるが、採用担当官から隠れて働かなければならないだろう」と彼は語った。

彼は、仲間の囚人の中には、彼が取引を受け入れたことを「頭がおかしい」と思っていた人もいたと認めた。

約300人の元捕虜がこの収容所を通過し、ヘルソン、アヴディウカ、クラスノホリフカで激しい戦闘を目撃した第59旅団に参加するための訓練を受けることになる。

READ  ローリング氏、女性を「非男性」と呼ぶLGBT用語集を攻撃