Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ウラジーミル・プーチン大統領、ウクライナに対し戦争終結を求める新たな要求を表明 | ロシア

ウラジーミル・プーチン大統領、ウクライナに対し戦争終結を求める新たな要求を表明 | ロシア

ウラジーミル・プーチン大統領は、ウクライナ戦争を終わらせるためにキエフに対し、さらに領土を割譲し、領土の奥深くまで軍隊を撤退させ、NATOへの参加を放棄するよう要求した。

プーチン大統領の新たな停戦要求は、西側主導の和平計画について話し合うため、ウクライナを含む90カ国以上の特使が今週末スイスに集まる中で発せられた。 ロシアは会議に招待されず、金曜日のプーチン大統領の発言がその首脳会談を台無しにした可能性が高い。

ロシア外務省の外交官らとの会談で、プーチン大統領は、2022年2月に本格的な侵攻を開始して以来初めて、キエフの政権交代と「国の非軍事化」を要求して以来、初めてウクライナ戦争終結に向けた自身の条件を公に更新した。 」

ロイド・オースティン米国防長官は、プーチン大統領にはウクライナに対して要求できる立場になく、「自らがそうすることを選択すれば、今日」彼が始めた戦争を終わらせることができると述べた。

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、この提案は信頼できず、たとえ停戦要求が満たされたとしてもプーチン大統領は軍事攻撃をやめないだろうと述べた。

プーチン大統領は、ロシアが軍事管理下に置かずに「併合」した領土に対する主張を含む極端な立場をとっているため、新たな条件は無駄であるように見える。 プーチン大統領はウクライナ軍に対し、ドネツク、ルハンシク、ヘルソン、ザポリージャ地域全体から撤退し、国際協定に基づいてロシア領土と宣言するよう求め、この問題はロシアにとって「解決済み」だと述べた。

同氏はさらに、「キエフがこの決定を下す準​​備ができていると述べ、これらの地域から実際に軍隊の撤退を開始し、NATO加盟計画の放棄を正式に発表し次第、我々は即座に、同時に命令を下すつもりだ」と付け加えた。停戦し、停戦を開始する。」 プーチン大統領は「交渉だ」と語った。

西側諸国はまた、停戦の前提条件としてロシアに課されているすべての金融制裁を解除することも要求した。 米国は今週、ロシアの銀行部門、ロシア最大の取引所での通貨取引、マイクロチップなどの技術に対する制裁を拡大した。 米財務省当局者らは、ロシアが「完全な戦争経済への移行」を完了する中、ロシアの金融インフラと第三市場へのアクセスをターゲットにしていると述べた。

米国、英国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本を含むG7は今週、ウクライナ経済の維持を支援する500億ドルの融資パッケージの担保として、西側で凍結されているロシアのソブリン資産を利用することで合意した。危機の中を生き延びる。 隣国ロシアとの消耗戦となる。

プーチン大統領は金曜日、この協定は「窃盗」に「ある種の法的根拠」を提供する試みであると非難した。 「あらゆる欺瞞にもかかわらず、この窃盗は間違いなく窃盗であり続けるだろう」と同氏は演説中に外交官らに語った。 「それは罰せられないわけではない。」

ウクライナと西側諸国はプーチン大統領の条件に同意する可能性は低い。 キエフはロシア軍が自国領土から撤退し、2014年にロシアが併合したクリミア半島を含む1991年の国境の支配権を取り戻すよう要求している。ウクライナ当局者はプーチン大統領のコメントを「完全なでっち上げ」として即座に却下した。

「もちろん、これには目新しさはなく、真の和平案も戦争を終わらせたいという願望もありません」とウクライナ大統領府顧問ミハイロ・ポドリアク氏は書いている。 しかし、この戦争の代償を払いたくない、新しい形で戦争を続けたいという願望があります。 それはすべて完全なデマです。 だからもう一度、幻想を取り除き、物事をあまり真剣に考えるのをやめてください [Russian proposals] それは常識に反することだ。」

ポドリャク氏は、プーチン大統領の提案を、ウクライナに対し、NATO外の非同盟の地位を約束することで「領土を譲りなさい」「主権と自治権を放棄しなさい」「自分たちを無防備なままにしなさい」と言っていると解釈した。

前回のニュースレター プロモーションをスキップする

NATO事務総長イェンス・ストルテンベルグはプーチン大統領が提示した条件を拒否した。 「この提案は、ロシアがこれまで占領できたよりもはるかに多くの領土をウクライナ人に放棄することを期待することで、ロシアが戦争目的を達成すべきであることを実際に意味する提案だ」と同氏は述べた。 さらに「これはさらなる侵略とさらなる占領を求める提案であり、ある意味、ロシアの目標がウクライナを支配することであることを示している」と付け加えた。

政治分析会社R・ポリティックの創設者タチアナ・スタノヴァヤ氏は「これは和平案ではなく、敵対関係の終結と引き換えに西側諸国とウクライナに向けられた一連の極端な要求だ」と述べた。 モスクワはいかなる譲歩もしない。 「妥協の余地はありません。」

昨年11月、ゼレンスキー大統領は10項目の和平案を発表し、その中にはロシアがウクライナ領土から撤退し、戦争犯罪を調査するための特別法廷を設置するという条件が含まれていた。

プーチン大統領は金曜日、スイスで予定されている和平サミットを「全員の注意をそらすための単なるトリックだ」と否定した。

プーチン大統領は「ロシアの参加がなければ、またわれわれとの誠実かつ責任ある対話がなければ、ウクライナ、そして世界と欧州の安全保障全般について平和的解決に至ることは不可能だろう」と語った。

READ  台風マワルがグアムを襲い、島の大部分で停電が発生