Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ウラジーミル・プーチン大統領、5回目の就任式で「祖国のために戦った」兵士たちに感謝 | 世界のニュース

ウラジーミル・プーチン大統領、5回目の就任式で「祖国のために戦った」兵士たちに感謝 | 世界のニュース

すでにスターリン以来、クレムリンの指導者として最長の在任期間を誇るロシアの指導者は、ウクライナ戦争が有利になり、権力がますます彼の手と主要なライバルに集中する中、あと6年の任期を迎えるにあたり、これまで以上に統制力を強めているように見える。 死んだ。


2024 年 5 月 7 日火曜日 14:16、イギリス

ウラジーミル・プーチン大統領は5度目のロシア大統領就任に際し、ウクライナで「祖国のために戦った」兵士たちに感謝の意を表した。

壮大な金メッキのクレムリン宮殿で行われた式典では、 プーチン氏 彼は手を置いた ロシア 憲法を制定し、厳選された著名人の群衆の前で憲法を擁護することを誓約しました。

祝砲が正式な大統領就任式の終わりを告げ、ロシア国歌の演奏に合わせて大統領が宮殿を後にすると、聴衆から拍手が沸き起こった。

最新のウクライナ・ロシア戦争:プーチン大統領、西側諸国と協力できると主張



写真:
プーチン大統領は憲法に手を出している。 写真:Kremlin.ru/ロイター

火曜日の就任式は、71歳のプーチン大統領にとって、トップとしてのさらなる6年間の始まりとなる。

彼はすでにヨシフ・スターリン以来、クレムリンで最長の在任指導者となっており、大統領として20年、首相として4年、およそ25年にわたり権力の座に就いている。

この時代の終わりまでに、彼を超えるのは、18世紀にロシアを統治したエカチェリーナ2世のみとなる。

同氏の新たな任期は2030年まで終了せず、同氏は憲法上再び立候補する資格が得られる。

1999年にボリス・エリツィン氏の後継者となったとき、ロシアは経済崩壊から脱却しつつあった。

彼のリーダーシップの下、最も顕著なのは2022年の侵略以来 ウクライナこの国は世界の安全保障を脅かすのけ者国家となり、次のような政権に依存している。 中国イラン そして 北朝鮮 サポートのための。

ロシアの膨大な資源優位性により、ウクライナ情勢は徐々にロシア有利に変わってきたが、双方とも大きな損失を被っている。

3月の再選が広く期待されていたことを受け、プーチン大統領はNATOとロシアが対立する可能性を示唆し、国境を越えた攻撃から自国を守るためにウクライナに緩衝地帯を設置したいと発表した。



写真:
式典は金ぴかに輝く壮大なクレムリン宮殿で行われた

過去2年間に内外で大きな変化があったが、クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は、この状況が国民に公の場で発言する権利を与える重要性を高めるものではないと述べた。

同氏は、戦争中にロシアがもっと大きな役割を果たすべきではないかとの質問に対し、「勝利を確実にし、我々の目的を確実に達成するには、より厳しい措置が必要だ」とスカイニュースに語った。

同氏は、これは「ヨーロッパや米国の西側メディアと同じ状況」における民主的な立場であると主張し、プーチン大統領がこの国を独裁国家に変えたことを否定した。

さらに、「これはまったく事実ではない。これは単なるプロパガンダであり、粗雑なプロパガンダであり、それ以外の何ものでもない」と付け加えた。

「つまり、私たちは純粋に民主的な自分の国、自分の環境に住んでいるのです。私たちは自分たちの権力を選びます。私たちは自分たちの権力を選びます。私たちは大統領を選びます」と彼は付け加えた。

国内経済はいまだ戦争状態にあるため、アナリストらは、もう一つの任期が確保されれば、クレムリンは戦争資金として増税し、より多くの男性に軍隊への参加を圧力をかけるという不人気な措置を講じる可能性があると述べている。

プーチン大統領の在任期間を特徴づけてきた弾圧は、プーチン大統領の最大の政敵である野党指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏が2月に北極の流刑地で死亡した後も続いた。

ペスコフ氏はスカイニュースに対し、国内には依然として反対派が存在するとしながらも、「戦争状態にあるため、当然、ここの状況はより困難だ」と付け加えた。

他の著名な批評家も投獄されたり国外に逃亡したりしており、海外にいる彼の反対者の中には安全を懸念する者もいる。

反抗的で決意が強い – ロシアの指導者は長期間この立場に留まるだろう

ウラジーミルの演説は古典的だった。彼はロシアの偉大さを語り、モスクワの孤立は西側諸国のせいだと非難し、前に進んだ。

次の任期中に折れるという期待があったとしても、プーチン大統領は当初、ロシア国民の安全が「何よりも」問題であるとして、その権利を浪費した。

訳:我々は西側諸国と長期的な対立関係にある。

しかし、それは誰のせいなのでしょうか? 彼は私たちではないと言いました。 ロシアを被害者として描くことはすべてクレムリンの物語の一部だ。

西側当局者が懸念しているのは、演説の口調、特に「計画したことはすべて達成する」という最後の一文だ。

国内と戦場で事態が展開するにつれ、ロシア大統領はますます自信を深め、ますます反抗的になっているように見える。

法律は軍を中傷した者には長期の懲役刑を科すことを約束していた。

クレムリンはまた、プーチン大統領が強調してきたロシアの「伝統的な家族の価値観」に従わない独立系メディア、人権団体、LGBT活動家なども標的にしている。

続きを読む:
再びの就任式 – そしてロシアにとっても同様のこと

米兵「ロシアで拘束」
キャメロン首相、ウクライナによる英国製兵器の使用を擁護

スカイニュース』 国際問題編集者 ドミニク・ワグホーン 「共産主義と経済崩壊から脱却しつつあったこの国を、改革と国際社会への復帰に向けて取り込み、世界の安全保障を脅かすのけ者国家に変えた一方で、自分と彼の腐敗した政権が何十億ドルも盗んだ」とプーチン大統領は語った。

さらに、「プーチン大統領は就任演説で、ロシアは団結していると述べた」 [but] ウクライナ侵攻以来、推定90万人のロシア人が自らの足で投票し国外へ出国した。

READ  ロシアの防衛研究所で7人が火事で死亡ロシア