Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ウーディネフェスティバルでは日本の「高野豆腐」が2つの賞を受賞しました。

ウーディネフェスティバルでは日本の「高野豆腐」が2つの賞を受賞しました。

イタリアのウーディネで開催されたファーイースト映画祭の閉会式で、『高野豆腐』が2つの賞を受賞した。 ゴールデン・マルベリー・オーディエンス賞とMyMoviesパープル・マルベリー賞を受賞した。

三原光宏監督の『高野豆腐』は、自分の道に迷いながらも実験的で心優しい、しかしその頑固さが周囲を苦しめる年老いた豆腐職人の姿を描いたメロドラマです。 日本のウーディネのセレクターであるマーク・シリングは、この作品を巨匠小津安二郎監督の作品と比較した。

この賞は、中国の映画監督チャン・イーモウの映画「紅灯を上げよう」の上映会に出席したことから始まり、活気に満ちた寛大なレッスンと夕方まで続いた、マラソン一日のお祝い活動の後、金曜日の早朝に授与されました。 彼は続けて張氏に生涯功労賞を授与した。 さらに2本の映画、チャン監督の『生きる』とハーマン・ヤオ監督のハイペースな犯罪アクションスリラー『税関最前線』が、午前1時過ぎに始まった映画祭の活発な授賞式前にプレミア上映された。

審査員によって設定された最優秀脚本賞と最優秀デビュー長編監督賞は、満場一致の決定によって決定されました。 二人とも韓国作品に出演し、それぞれパク・ヨンジュ監督の『Citizen of a Kind』とキム・テヤン監督の『ミマン』に出演した。

今週初め、フェスティバルの産業部門フォーカス・アジアは、日本のプロジェクト「ポラリス」に現金1万ユーロ相当のTAICCA/フォーカス・アジア共同制作賞を授与した。 このプロジェクトは、東京でライトアップされるポラリスリボンをイメージしたもの。 夜になると、彼はさまざまな背景を持つ「女性」を引き寄せ、彼らの人生は星座のように絡み合い、そして別れます。 このプロジェクトを率いるのは山中葉子で、彼女は今月後半、カンヌの深夜部門で自身の2作目となる映画『ナミビア砂漠』を初公開する予定だ。

ファーイースト映画祭賞(ウーディネ)。


観客賞


1)「高野豆腐」三原光宏(日本) スコア 4.51
2) 紙吹雪修道院。 藤田直哉 (日本) スコア 4.41 監督デビュー作。
3) 時間はページをめくり続けます。 修道院。 ニック・チャン(香港) スコア 4.40

その他の賞品


MyMovies パープルベリー
『高野豆腐』監督。 三原 光弘 (日本)

マルベリー賞最優秀脚本賞
「型の市民」修道院。 パク・ヨンジュ(韓国)

ホワイト・マルベリー賞 最優秀デビュー監督賞
「メマン」修道院。 キム・テヤン(韓国)

ブラックドラゴン観客賞
『ブシドー』監督。 白石和彌(日本)。

READ  メッセージ:日本は起業家を締め出すのをやめるべきだ