Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

エアアジアには新たな国内競争相手がおり、より安い料金を約束している

エアアジアには新たな国内競争相手がおり、より安い料金を約束している

MYAirline は、そのビジネス モデルを「非常に低コスト」と表現しました。 – Facebook経由の写真

サイード・ジャイマル・ザヒド

2022 年 10 月 5 日水曜日 10:01 マレーシア時間

クアラルンプール、10 月 5 日 – エアアジアはまもなく、マレーシアを拠点とする新しい格安航空会社、MYAirline と競争しなければならなくなります。 ニッキー・アジア 最近申し上げました。

AirAsia は現在、この地域の主要な格安航空会社ですが、MYAirline の CEO である Rayner Teo 氏は、より安い航空券、より優れたリアルタイムの顧客サポート、正確なフライトを販売することで、彼の会社が有利になる可能性があると述べました。

「コスト構造に基づいて、より安いフライトを簡単に提供できると信じています」と、航空会社の共同創設者であるテオ氏は語った.

MYAirline はエアアジアの元上級幹部も雇い入れており、競争の激しい高予算の航空業界に対する重要な洞察を航空会社に与える可能性があります。

その中には、MYAirline の最高経営責任者であるキャスリーン タンも含まれます。 ニッキー・アジア 彼女は、タンがエアアジアの創設者であるタン・スリ・トニー・フェルナンデスで13年間働いたと報告した.

次に、17年間エアアジアの給与計算に携わっているキャビンオペレーションマネージャーのエズワン・ラザクがいます.

日本のビジネス新聞は、テオが2019年7月にグループの販売責任者の地位を離れるまで、15年間航空会社で働いていたと報告しました.

同紙は、MYAirline がマレーシア航空局から営業許可を取得したと報じた。

キャリアは、そのビジネスモデルを「非常に低コスト」と表現しました。

艦隊は、使用済みのエアバス A320 を 3 機だけで小規模に開始しますが、同社は、今後 5 年以内に艦隊の規模を 50 機に増やすことを目指していると述べています。

「私たちは非常に大規模な家主といくつかの魅力的な契約を結びました」とテオ氏は語った.

しかし ニッキー・アジア アナリストはまた、業界の新参者がエアアジアやマレーシア航空などのより確立された航空会社を解雇するのは困難な仕事であると報告しました.

「航空会社は非常に低コストの航空会社として販売されています。これは、エアアジアの平均座席単価が業界で最も低く、打ち負かすのが難しいため、興味深いコンセプトです」と Endau Analytics の Shakur Yusef 氏は語った。

READ  岸田文雄は次の選挙に勝つために党大会で団結を呼びかける