Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

エコノミストは、日本の低インフレに対するリスクは上向きに傾いていると述べています。 ビジネス

金子香織脚本の作品

東京(ロイター)-ロイターが調査したエコノミストの大多数は、商品価格の上昇、円安、世界的な大流行による供給不足が投入コストを上昇させたため、日本のインフレ見通しの弱さに対するリスクはより上向きに傾いていると述べた。

一部の先進国では、経済の再開と世界的な商品価格の上昇により、需要の停滞を背景にインフレ率が上昇しています。

しかし、エコノミストは、日本のインフレ率の上昇は緩やかであり、賃金の伸びが弱く、COVID-19感染が復活し、ワクチンの放出が遅く、消費に影響を与えると述べた。

4月6〜14日に実施された月次調査では、35人のエコノミストのうち21人が、日本のインフレ見通しに対するリスクは来年にかけて「上向き」に傾いていると述べた。 残りは、リスクはマイナス面にあると述べた。

過去20年間のほとんどの間、日本はインフレや完全なデフレの発作に悩まされており、中央銀行家や政府の政策立案者をあらゆる場面で混乱させてきました。

クレディ・スイスの日本担当副会長兼チーフエコノミストである白川博道は、次のように述べています。 「しかし、インフレの上昇は一時的で中程度の可能性があります。」

短期的には、一部のエコノミストは、半導体の不足などの供給の制約も価格にさらに圧力をかける可能性があると述べた。

調査によると、不安定な生鮮食品コストを除くがエネルギー価格を含むコア消費者物価は、今年後半に0.7%でピークに達し、日本銀行の2%インフレ目標からはほど遠い。

4月から始まった今年度のコア消費者物価は0.4%上昇します。 調査によると、翌年には0.5%の増加が見込まれます。 どちらの予測も前月から変わっていません。

調査によると、日本経済は1月から3月にかけて前年比5.4%縮小し、先月の予想下落率6.0%を下回り、今四半期は4.7%回復した。

アナリストは、第1四半期のほとんどで実施された緊急規制によって打撃を受けた成長を相殺したため、強力な輸出が製造業者のセンチメントを押し上げたと述べた。

しかし、彼らは、半導体の世界的な不足が日本経済への新たな脅威として浮上する可能性があると警告した。

調査対象のエコノミストの80%以上が、世界的なチップ不足により、4月と6月に日本の年間GDPが最大2パーセントポイント削減される可能性があると述べています。 数人のエコノミストは、チップの不足が成長を2ポイント以上削減する可能性があると述べた。

調査によると、経済は今年度は3.9%拡大したが、来年は1.9%に減速した。

日本銀行の金融政策の見通しに関して、調査対象となったエコノミストの大多数は、中央銀行の次の行動が金融政策を解き放つのは非常に簡単であると予想していました。

JPモルガン・セキュリティーズ・ジャパンのチーフエコノミスト、オジャイヒロシ氏は、「大きなマイナスのショックが日本経済に打撃を与えない限り、日本銀行は現在の金融緩和を継続するだろう」と述べた。

(金子香織作成、シャロ・シュリバスタヴァとマンツァー・フセイン博士による調査、木原ライカとサム・ホームズ編集)

READ  日本が複数の危機に直面する新首相に投票するにつれて、多くのことが危機に瀕している