Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

エジプト、日本Acute-Urban andTransport-がエジプトに新しい水プロジェクトを設立しようとしています

エジプトの水資源灌漑大臣MohammedAbdel-Atti(中央)は木曜日に新しいdairoutダムを設立するための合意に署名しました(写真提供:エジプト内閣)

水と灌漑の大臣モハメド・アブデル・アディは声明の中で、このプロジェクトは、名誉ある生涯大統領イニシアチブの一環として、上エジプトを開発するための政府の継続的な取り組みの一部であると述べました。

ウォーターダムは、主に灌漑と水管理の目的で、頭上の水の標高を調整するために開閉できる複数のゲートを備えたダムです。

協定は、玩具日本建設局長の波多野秀美氏と国際協力機構(JICA)の代表者がアブデル・アッティ氏の立会いのもと、同省と日本の玩具日本建設会社との間で調印された。

アブデル・アディ氏は、日本のソフトローンで実施されるこのプロジェクトは、さまざまな県の灌漑施設を近代化、修復、変革する計画の一環であり、すでに全国に6つのダムが設置されていると説明した。 補助金。

1872年に建設された古いダリエットダムは、世界で最も古い水置換構造の1つと見なされており、アシュート、ミニヤ、ベニスーフ、フィオム、ギザの5つの県に150万のフェドンを供給する7つのダムがあります。

Bahr Youssefでは、灌漑システムを再構築するために2つの実現可能性調査が実施されました。1つはJICAによるもので、もう1つは日本の三洋電機諮問局によるものです。

さらに、技術研究はエジプト灌漑省によって実施され、エジプト環境局によってレビューおよび承認されています。

Abdel-Adi大臣は、2016年から2021年までのナイル川にある主要ダム、主要運河、分離ダムの維持管理作業により、2016年から2021年までに約5億2600万EGPが追加されたと付け加えた。 これは、2022年にこれまでに実施された保守作業に割り当てられた1億700万EGPに追加されます。

短いリンク:

READ  福島原発事故以降、日本の原子力発電再開への支持は高まっている