Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

エジンバラのレーザー発明者は、新しいパートナーシップの後、日本に目を向けました

MSH Systemsとの契約に基づき、Scotsは超短パルスレーザーを日本全国に配布します。

東京を拠点とするMSHは、幅広い光学部品、レーザー、分光装置を産業用アプリケーションや教育機関に供給しています。 このパートナーシップにより、同社はイメージングおよびセンシングアプリケーション向けにChromacityのレーザーおよび光パラメトリック発振器(OPO)を推進する予定です。

登録してください 私たちの毎日のニュースレターに

ニュースレター ノイズでカット

経済支援会社であるScottishEnterpriseは、2013年の大学のスピンアウトからの移行を支援するスケーリングサービスチームなど、さまざまな方法でChromacityをサポートしてきました。

Chromacityの固定波長システムは、ライフサイエンスイメージングコミュニティに信頼性の高いレーザーリソースを提供し、同社のOPOテクノロジーは、大気中の化学的特徴を識別および測定するために使用できる検出およびスペクトル技術を実装しています。

スコットランド開発公社は、その国際的な部門であるスコットランド開発公社(SDI)を通じて、広範なグローバルネットワークにアクセスすることにより、同社の日本市場への参入を促進することができました。

ChromacityのCEOであり、新しく任命されたPhotonics Leadership Group(PLG)の副社長であるShahida Imaniは、次のように述べています。

「日本の主要な業界関係者は、システムの信頼性と調整可能な波長に関心を持っていることを知っています。そのため、MSHシステムなどの主要なチャネルパートナーとローカルで関係を確立することは、この地域での成功にとって絶対に不可欠です。」

アナリストは、アジア太平洋地域の超高速レーザー市場は、2021年の5億ドル(3億7300万ポンド)から2028年までに12億ドルに成長すると予測しています。

スコットランド開発公社の戦略的投資担当ディレクターであるビクトリア・カーマイケルは、次のように述べています。

MSHSystemsの最高経営責任者である森田勝夫は次のように述べています。「Chromacityと提携して超高速レーザーを日本市場に供給できることをうれしく思います。

8月、Chromacityは、既存の投資家、Kelvin Capital、EOS、Scottish Enterprise、および新規投資家ESMからの投資を含む、120万回の財務ラウンドを終了しました。

同社は、特に製造および研究開発部門内で、スタッフを拡大するために資金を使用すると述べた。

昨年最初に成長を開始した後、同社はスターリングベースのESMからの新規投資を含む2回目の資金調達を受けた後、ラウンドを終了しました。

Chromacityの非常勤会長であるIanStevensは、当時、次のように述べています。「Chromacityは、新しい超高速レーザーアプリケーションを実行するために必要な破壊的技術を備えていることを引き続き実証しています。 世界的な大流行などの困難な状況。

「今回の資金調達ラウンドでは、新旧両方の同社の投資家が、これらの品質と、超高速レーザー技術を新しい市場やまだ使用されていない市場にもたらす重要な機会を認識しています。」

続きを読む

続きを読む

エジンバラレーザーパイオニアは、7桁の金融刺激後のアジアの成長に焦点を当てています

編集者からのメッセージ:

この記事を読んでくれてありがとう。 コロナウイルスによる消費者の習慣の変化は広告主に影響を与えるため、これまで以上に皆様のご支援を賜りますようお願い申し上げます。 まだお持ちでない場合は、デジタルサブスクリプションを取得して、信頼できる事実確認済みのジャーナルをサポートしてください:www.scotsman.com/subscriptions

READ  日本で生まれた真鍋四郎は、ノーベル物理学賞を受賞した3人のうちの1人でした。