Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

エネルギー省は、カルテットエネルギー大臣の最初の会議に参加します

オーストラリア、シドニー 米国エネルギー長官ジェニファーM。 昨日のカルテットのエネルギー会議でのグランホルム:オーストラリア、インド、日本、米国。 バイデン政権は、気候変動を含む21世紀の脅威に立ち向かうという安全保障グループの使命を拡大しています。 昨日の会議は、カルテット諸国間のエネルギー安全保障を強化し、クリーンエネルギーへの移行を加速するための、カルテットの18年の歴史の中で初めてのエネルギー大臣会合でした。

「昨日の会議は、インド太平洋地域におけるクリーンなエネルギー転換のための私たちの共通のビジョンについて、4人のエネルギー大臣が次のステップを計画する機会を初めて得た歴史的な瞬間でした。」 グランホルム大臣。 「カルテットは、幅広い外交政策の優先事項を推進する重要なパートナーシップとしての地位を確立しており、クリーンで手頃な価格の安全なエネルギーの世界的な展開を強化し、前進させるために私たちが集合的に進展することを楽しみにしています。」

グランホルム大臣には、インドのエネルギー大臣、新再生可能エネルギーのRKシン、オーストラリアの気候変動・クリーンエネルギー大臣のクリス・ボーエン、日本の経済貿易産業大臣の萩生田浩一が加わった。

この会議では、クワッド諸国の大臣が、バイデン政権の発足以来開発されてきた、クリーンエネルギー供給チェーンを含むイノベーションとクリーンエネルギー展開、および天然ガス中のメタン排出量を削減するための協力に関するクアドリパーティアクションプログラムの進捗状況について話し合いました。ガス部門。 クリーンな水素およびアンモニア燃料の開発。

閣僚は、クリーンエネルギーの将来がインド太平洋およびそれ以降の繁栄を促進するだけでなく、エネルギー供給の混乱を緩和することを認識し、クリーンエネルギーの移行を進めるために必要なゼロエミッション技術の開発と展開を加速するという共通のコミットメントを確認した。

閣僚は、カルテット作業プログラムに沿った、水素とアンモニア燃料に関するカルテット諸国間の重要な二国間協定を想起し、水素生産コストが急速に削減されれば、これらの二国間パートナーシップの目的が強化されることに合意し、努力を歓迎した。州の目標を含む、この点に関するカルテットメンバーの割合米国は、10年の終わりまでにグリーン水素1キログラムあたり1.00ドルの生産コストを達成するでしょう。 これら4か国のうち、低水素排出量の市場規模は、2050年までに純ゼロになるという国際エネルギー機関の世界的なロードマップに沿って、2030年までに2500万トンを超える可能性があります。

私の知識
正式にはQuartetSecurityDialogueであるQuartetは、米国、オーストラリア、インド、日本という4か国のグループです。 このパートナーシップは、インド太平洋の主要な民主主義国の間でますます重要になっています。 2022年のトイコ首脳会議をきっかけに、首脳は共同声明を発表しました。「最新のIPCC報告書で強調されているように、気候変動に対処する緊急の必要性を認識し、パリ協定とCOP26の成果を着実に実施し、ペースを加速させます。インド太平洋地域の主要な利害関係者に働きかけ、公的および私的両方の気候資金を動員し、研究開発を促進するなど、地域のパートナーによる気候行動を支援、促進、促進することを含む、世界的な野心を高めるための私たちの取り組み革新的な技術の普及。」

あなたはここでより多くの情報を見つけることができます: ファクトシート:東京クヮルテットリーダーズサミット2022 そしてここ: 4人の共同リーダー声明

READ  台風が襲った後のプラスチック廃棄物は1,300倍重い